お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

週1学校を休むと決めているかのような息子。不登校でもいいじゃない

長男小3。
どうやら、週に1日学校を休むと決めているようだ。

朝、ぐずぐずで支度が進まず母はイライラ。
8時30分を過ぎたところで、休みが決定する。
そんな感じ。
とにかく、8時30分まではそわそわするんだよ母は。

休みが確定したら、にこにこになる。
それまでぐずぐずしていたのは、どこへやら。

ママ、荷物持つよ!
手伝うことない?
お仕事がんばってね!

はー、もうあきれるわー。

休みの日は、ばあばと過ごす。
ばあばも、まんざらじゃないから良さそうだ。

不登校になって、
勉強についていけないとか。
いじめられてるとか。
そういうわけではないみたいだから。

不登校でもいいじゃない!?

(お母さん記者/

コメントを残す

ABOUT US
編集部 青柳 真美お母さん大学本部
お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。みそまるマスター。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子(29歳)。