瓶のふた

夕飯の準備をしていて、
瓶のふたが固くて、開かなかった。

ん~…

力入れたけど、瓶自体に水滴がついていて
ツルツル手が滑って開かない。

たまたま、息子が台所に登場。

「開けられる?」

と聞くと、
いつも私がやってるように、
スプーンで蓋の外側をコンコンコンと叩いて、

パカッ!

と軽々蓋を開けた。

小さい頃は

「ママ開かない~」

と言う立場だった子が、
今は立場逆転。

そんな小さな些細なことだけど、
なんだかうれしい気持ちになった。

 

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。