お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

「おかえり、おつかれさん」と母のおかず

実家の車を借りる。

夜、返しに行くといつもたくさんのお土産あり。

隣のおばちゃんが和歌山へ行ったお土産、だとか

兄が職場でもらってきたもの、だとか

中でも作り立ての「おかず」が助かる。

商売を辞めて家にいるので、料理本を見ていろんなおかずをつくる。

容器に料理名が貼ってある。

くたくたで帰ってからご飯をつくるときに、一品でも二品でもあるとすごく助かる。

私も将来、娘が仕事で大変だったら助けてあげるんだろうなぁ。

4件のコメント

あぁどれもこれも美味しそうです…(^-^)
主婦になって余計に、人が作るものはとっても美味しいとしみじみします。
どれか、真似させてもらお~。
今月の私の地域版は絵本特集で、宇賀さんに読んでいただきたいくらいです!

ほんとに!ありがたいですよね♪
青物が高いのでなかなか買えなかったりするときに
野菜がいろいろあると助かります。

地域版!ぜひ拝見したい~♪
よかったら送っていただけませんか?
WEBでアップされるのでもいいし。
こちらからも大阪版送りそびれてるので
どうしようかと思ってます。

宇賀さんのお母さんは娘の頑張りをしっかり感じておられるからこそ
こんな形で応援したいと思われたんだな・・・と思いました。
母の愛をしっかり受け継ぐ3世代母子がすでに見えています。

みっこさん、ありがとうございます。
一代飛ばしでしっかり者がいるのが、母方の家系です(笑)
祖母も私もぼんやりなので、母はしっかり系。
娘は・・・あまあまですが、これからに期待しましょう~

コメントを残す

ABOUT US
宇賀佐智子
大阪の宇賀佐智子です。28歳長男・25歳長女の母。大阪エリア版編集長を2018年から4年間務めました。子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪