みかんといちご

寒くなってきました。

なんだか本当に冬に近づいてるのか?という気温が続いた12月でしたが、やっと寒くなってきました。

みかんが美味しい季節ですね^ ^

ありがたいことに、美味しいみかんをたくさん頂きまして、毎日夕飯後、食べるのが日課に^ ^

美味しいみかん。

大人になって知る、みかんの贅沢さ^ ^

子供達が、1人一個食後に食べるので、あっという間になくなるみかん。

ちゃっかり次女は朝食後にもこっそり食べているので、一袋なんて一瞬でなくなる。

イチゴを買ってくると、1パックが3人の争奪戦!

小さく切って、たくさん食べた感を感じてもらえるようにしたり。

 

私の母は、お菓子やジュースなどは買う習慣がなくて、家には滅多になかった。

その代わり、必ず食後にくだものがデザートとして、出てくるのが当たり前。

当時は、くだものより、スナック菓子が食べたくて、そんな家が羨ましかったなぁ。

大して食にこだわる母とかではなかったのですが、たぶん買う習慣がなかっただけで、一緒に買い物に行ったりするとお菓子を買ってくれたり。

冬になると、みかんやらイチゴやら当たり前に食べる日々、、

三姉妹の末っ子で育った私。

のんびりマイペースな一番上の姉は、ゆっくりゆっくり、食べる派。

ちゃっかり者の真ん中の姉は、母が何個ずつね、と言ってくれるにも関わらず、『何個食べたっけー』ととぼけて、多めに食べるというお決まりのパターン。

末っ子の私は、姉にとられないよう、必死に食べて、ほとんど味わってなかった気がする。

そんな横で、母はいつも食べてなかったなぁ。

お母さんも食べれば?と言っても、あんた達が食べな!と、イチゴなんて食べたところを見たことがない。

みかんだと食べていたり。

 

そんなとき、母は決まっていつもこう言った。

『あんた達も、お母さんになれば分かるよ^ ^』と。

 

今になって、本当に分かるその気持ち。

自分が食べるよりも、子供達に食べさせてあげたいという気持ち。

みかんはたまに食べちゃうけど、イチゴはなぜか食べられない感じも分かる。←うちだけか?!笑

 

みかんとイチゴの季節になると、ふと思い出すこの気持ち。

お母さん、

私もお母さんになりましたよ^ ^

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

脇門比呂子

神奈川県横須賀市に住んでいます。 長女8才、次女5歳、長男3歳、3人のお母さんやってます! まさか自分が3人の母になるとは?!同じ繰り返しの日々のように感じ、悶々としていた時にお母さん大学に出会ったのが3年前。 ありのままの自分に自信が持て、子育てが心から楽しめるように!MJプロです^_^