骨折して振り出しに戻った父の入院リハビリ生活

デイ・ケアにも慣れ始め、

在宅介護が軌道に乗りそうになってきていた矢先、

私が、夜、寝ている間に

介護に疲れて眠る私を起こすのはかわいそうだとの親心から、

一人でトイレに行こうとして転んで骨折してしまった父。

また、入院して、麻酔して、手術して、リハビリしてが、始まった。

私が、目を覚ましていたら、こんなことにはならなかったのに。

ごめん、とーちゃん。

父の親心が、切なくて切なくて。

ありがとうの涙が止まらなくなる。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

高木真由美

社会人になった子どもが2人います。 お山で主人と2人暮らし3年目進行中。 お母さん業界新聞全国版を毎月読んで、考えるきっかけを頂いています。 よろしくお願いいたします。