お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

なってこったい!!地震で見直すモノの位置

冬休み、ビックリするくらいあっという間に終わろうとしていますね~

年末の大掃除で

懐中電灯は奥のほうにしまっていたり

貴重品もすぐには取りにくかったり、、、

地震のおかげで

改めてわかった

「日ごろの備え」不足・・・

「危機管理」の薄さ・・・

あ~なんてこったい。

もう一度、モノの位置を見直すお正月の終わりとなりました。

皆さんは、日ごろの防災の備えどうされてますか?

 

 

 

3件のコメント

昨日の地震は、またもや熊本と聞いてビックリです。揺れた範囲が広かったようですね。
被害は如何ですか? お見舞い致します。
ここ大阪も昨年の地震で被害がありました。 ウチは大丈夫ですが、ご近所の屋根や塀 古いお家の石垣も崩れました。
ブルーシートをかけたまま年越しをされたところも。
ウチは大丈夫‍♂️と言い張る連れに、せめて飲み水だけでもと考えるだけですが 日常の工夫が大切なのですね。
地震からの幕開けとなった新年です。備えあれば憂いなし。 知恵を集めたいですね。
余震にもご注意を!

震度6弱の報道に昨年の高槻がそうだったから想像が走りました。
お正月で帰省した方々は心配を抱えることになりましたね。
今年もまた何が起きるかわからない激動の年に備えていきましょう。

コメントを残す

ABOUT US

池田彩お母さん大学福岡支局長
お母さん大学福岡支局長/旧 お母さん業界新聞ちっご版編集長。長女が1歳の頃にお母さん大学に出会いマザージャーナリストに。ペンを持ったことで視点が変化し、「お母さんになれてよかった!」と心から感じる。久留米で活動をスタートして13年。現在は、久留米市合川町の「松葉荘」で居場所づくりをしながら、九州中のお母さんにお母さん業界新聞を届けようと奮闘中。3児(中3、小6、小2)の母/MJプロ/みそまるマスター/みそソムリエ