いっちゃんが生まれたとき、虹がかかっていたんだよ

いっちゃんが生まれた時、虹がかかっていたんだよ

お姉ちゃんにママがカメラを渡して虹を撮って来なさいって言っているところ

おじいちゃん、おばあちゃん、ママ、パパ、お兄ちゃん、お姉ちゃん、

そしていっちゃんがいる。

イチカ(5歳)は絵を描くのが大好きです。

毎日、毎日、ひたすら何か書いては説明をしてくれます。

「これね、いっちゃんが生まれたとき」と見せてくれた絵

小さな小さなイチカが真ん中に書かれていました。

早朝、まだ暗いうちにに生まれてきたイチカ。

みんなに見守られて、元気よく生まれてきたイチカ。

虹が見えるわけがない。

でも、きっとあなたにとっては虹がかかっていたと感じるくらい

希望にあふれ、美しい地球を感じて生まれてきたのかもしれない。

 

その後、

これまで書き溜めた作品たちを持ってきて、

「これね、お母さん新聞にするから、ココにお母さん新聞って書いて」と言うので

「いっちゃんはお母さんじゃないから、『こどもしんぶん』にしようか」と話し、

「こどもしんぶん」ができあがりました。

お母さんの心をくすぐる「こどもしんぶん」 絶賛購読受付中♪

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪