講演会は突然に【7】~岡崎イベント裏話

今までのお話はこちらから→
講演会は突然に【1】
講演会は突然に【2】
講演会は突然に【3】
講演会は突然に【4】
講演会は突然に【5】
講演会は突然に【6】

ついに迎えた講演会当日!

・・・とにかくバタバタだった。
スタッフのみなさんとも事前に打ち合わせはしたが、
やはり実際その場になると、その通りにはいかなくて、
しかも、私がいろんな方に声をかけられることがとても多く、
ゆえに、スタッフのみなさんへの指示もなかなかできず、本当に迷惑をかけてしまった。
私以外で、メインで指示を出すスタッフを立てるべきだったと、
あとから猛反省した。

そんな不甲斐ない私の代わりに、
スタッフのみなさんはとてもしっかり対応してくださり、
本当に感謝しかなかった。

当の私は、というと、
講演会前のスタッフ円陣で泣き、
講演会中も、マイクを持っては泣き、
藤本さんに話を振られては泣き、
とにかく、自分でもびっくりするくらい泣いてばかりいた。

講演会中、次男を初めて託児に預けたが、
最初は泣いてたものの、じきに慣れて遊んでいたらしい。
その後のランチ交流会では、持参したお昼ご飯をしっかり食べ、
私を取材していた東海テレビのみなさんにもニコニコ愛嬌をふりまき、
まるで空気を読んでるかのように、おりこうさんな対応をしてくれた。

ランチ交流会が終わるころ、夫が来た。
次男を連れて帰ろうとしたところ、
東海テレビから「一言お話を」と言われていたが、
そういうのが苦手な夫は必死に逃げていた(笑)

**********************

講演会は無事終わった。

結果、35人もの方にお越しいただくことができた。
みなさん、とても素敵な感想をたくさんくださった。

ギリギリまで、どうなることかと不安と緊張でいっぱいだったが、
終わってみて思うことは、
「やってよかった」

子どもができてから、ずっと専業主婦で、
家事と育児と、ときどきママ友とランチ、という生活をしてきた私にとって、
この1か月半は、とにかく刺激的だった。
長いこと使っていなかった脳みそをフル回転し、
忘れかけていた「仕事モードな自分」を思い出すこともできた。

1歳児が常にそばにいる状態での準備は、
正直キツイものではあったけど、
(これをずっとやれと言われたらさすがにつらいけど)
家事育児以外のことをするというのは、
私にとっては「パワーの分散」をそこですることができたので、
結果的には子どもたちにとってもよかったのかもしれないと思う。

もともと、仕事をすることが好きで、
子どものころから「文章を書くこと」が好きで、
大卒後システムエンジニアとして働いていたので、パソコン作業もちょっとは得意で、
でも逆に言えば、それ以外特になにも取り柄も特技もない私。
何か仕事をしているわけでもない、起業しているわけでもない、
毎日子どもの世話に追われる「普通のお母さん」「普通の主婦」。

そんな私が、この1か月半、大きな夢を見させてもらえた。

ラジオに出たり、新聞に載ったり、テレビの取材を受けたり、
人前でマイクを持って話したり、
なんて夢のような時間だったんだろう。

でも、私みたいな普通の専業主婦でも、普通のお母さんでも、
こんな風に夢を見ることができるんだ。
普段やっていることが、こんな風に周りから認めてもらえるんだ。

長いこと霧がかかったようにもやもやとしていた心が、
ぱーっと晴れた気がした。

私がこれからやっていく活動の入り口のドアが、ついに開いた。

日々の思いを、ペンを持って綴ること。
それを周りの人たちに伝えること。
お母さんたちの笑顔のつながりを増やすこと。

岡崎での活動は、まだ始まったばかり。
岡崎のお母さん、愛知のお母さんたちとともに、
素敵な世界を作るべく、
これからどんどん楽しんでいこうと思う。

最後に、
こんな素敵な機会をくださった、藤本さん、青柳さん、
講演会に関わってくださったすべてのみなさん、
本当にありがとうございました!

【おわり】

12 件のコメント

  • 天野さん

    おわり?
    まだだよ。
    これからが、はじまりだよ(笑)

    ひえ~という叫び声と、小走りで逃げようとする天野さんの姿が見えるよ。

    しばらく、お母さん大学の教室に戻って
    同級生たちと、あの日の感動を楽しんでください。

    天野智子様

    私も楽しかったです。
    岡崎のお母さんたちに、たくさんの笑顔を届けてくれて
    ありがとうございました。
    これが、お母さん大学の百万母力プロジェクトです!
    それを、見事に演じてくれた天野さん!
    これからも、よろしくね。

    さて、次のお題、何しようかな? ふっふっふっ・・・

    • 藤本さん、あらためて、本当にありがとうございました。
      私の心のドアを開けてくださって、心から感謝しています。
      お母さん大学の種は、確実に岡崎に蒔かれました。
      これから、岡崎、三河、愛知のお母さんたちと楽しみながら頑張っていきます。
      え、またお題あるんですかΣ(゚д゚;)
      ひえー!

  • ここまで、藤本の個人レッスンに耐え、
    よくがんばってこれらました。

    勇気だけでなく、根性もある天野さん。
    いや、責任感といったほうがいいかもしれません。

    そして、素晴らしい行動力。
    何より、素直で誠実な人間性。

    天野さんのおかげで、私も楽しかったし、私たちのやるべきことが
    より明確になった気がします。

    これから、天野さんに続く人が、
    岡崎だけでなく、全国にたくさん出てくると思います。

    そのことを意識し、これまでの体験を生かして、
    これから天野さんが何をどうするか…。

    いい仲間や理解者、応援団もいっぱいできたのだから、
    なんでもできると思うけど、
    いろいろなメにもあうこともあるでしょう。

    メゲずに、ブレずに、一歩一歩
    前を向いていけば、おのずと道は開けてきます。

    これまでも、同じように
    藤本に背中を押され、ここまで来た人は何人もいます。
    が、正直、燃え尽きてしまう人もいます。

    さあ、天野さんのこれからが楽しみです。

    物語は始まったばかり。
    これからが、本番です。

    最後に。

    天野さんのここまでの発信、本部ノーチェックです。
    素晴らしい筆力!
    これを活かさぬ手はないですね。

    子育て中だからこそできること。
    天野智子だからできること。
    大いに期待しています。

    • 青柳さん、本当にありがとうございました。
      どーしよー、となった時の、青柳さんからのLINEや電話にどれだけ救われ助けられたか・・・
      こうやって、仕事のやり方や姿勢を教わったことは、
      これからの私にとって大きな財産になりました。
      めげず、ぶれず、一歩一歩、やっていきます!
      昔から好きだった「書くこと」が、こうして活かされるのもとてもうれしいです。
      お母さん大学に入ってよかった!

  • おつかれさまでした!
    私も参加させていただき、いろいろ学びがありました。
    岡崎だから、天野さんだからできること、
    メディアが注目してくださるってことは
    私たちの活動が今必要だということ、
    天野さんが動くこと、悩むこと、じたばたすることは
    すべて必然だと思います。
    一緒に進んでいきましょう。
    とりあえず、7月30日にお会いしましょう!

    • 宇賀さん、遠いところ来てくださって本当にありがとうございました。
      メディアが注目するということ、確かにそうですね!
      ほんとはとても大きなパワーを持っているお母さんたち、
      お母さんたちが動けば、世の中が変わる。
      今回私が身をもって経験したことです。
      この経験を周りのお母さんたちにもつなげていきます!
      7月、横浜行けるかな( ̄▽ ̄;)

  • 本当にお疲れさまでした。
    そっかぁ、パワーの分散か…‼
    分散して、多方面からまたパワーをもらって…
    イベント終わった今、自分のもとにパワーを戻した天野さん、
    絶対パワーアップしてるじゃないですか!

    7月にお会いできるのを楽しみにしています♪

    • 家に帰ればいつものイライラ母ちゃんですが( ̄▽ ̄;)
      でも、確実に、講演会前とは見える世界が変わりました。
      家事育児に専念する方が合ってる人もいるけど、
      私は多少違うところにもパワーを向けた方がバランスが取れるタイプみたいです。
      え、7月、私横浜に行くの決定してるんですかね?Σ(゚д゚;)

  • ようやく時代がお母さん大学を求め始めてきたような気がしました。
    自分の頭で考えて行動して何かを学ぶ姿勢はこれから子どもたちに伝えていくことです。
    その後ろ姿を家族にみせ、友人や他者への問題提起を含め感じてもらえたのではないかな。
    お疲れ様でした。
    一人から始まった悲喜こもごもがよくわかりましたよ。
    今はしばらくは脱力しながら日常を取り戻してくださいね。

    • 池田さんありがとうございます!
      時代が求め始めてきた、私もそんなに気がしています。
      これだけ悲しい事件が何度も起き、
      子どもや子育て中の親に対して殺伐とした目線を向けられ、
      親自体も子どもに対する扱いや見方がなんかちょっとズレてて、
      どうしてこうなっちゃったのかなあ・・・と日々感じてるのですが、
      根本は「お母さんの心」なのかな、と。
      そのためにお母さん自身ができること、周りの人達ができることを、
      提起していくことができればいいなと思っています。

      しばらくだらだらしようと思ってますが、
      そろそろ地域版を書き始めなければ( ̄▽ ̄;)

  • お疲れ様でした。
    まだまだスタートラインに立ったばかり、なのだけど、これからの活動の自信になる経験ができたこと、感謝です。
    お互いに自分の夢を大事に、活動していきましょう。よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    天野智子

    小学3年生と2歳の男の子の、2人の母です。 名古屋市出身、愛知県岡崎市在住。 日々試行錯誤しながら、育児に奮闘しています。 育児は難しい!でも幸せ。 その間を行ったりきたり・・・な毎日です。