慣れない土地で暮らす息子が病気に。青ネギないやん?!

ひとり暮らしを始めて3年目の息子。発熱で初めて会社を休んだと連絡あり。「仕事休めてよかったな。ゆっくり休みや」としか返事できず、翌日の明け方には「昨日救急車呼んだ。インフルやった。もう落ち着いたから大丈夫」とあっさり。

そらあかん!よっしゃっ!行ったるで!

仕事も家のこともなんとかなるやろ、と新幹線に飛び乗る。豪華な駅弁を横目に食欲のない息子を思い出し、私まで小食。

最寄り駅のドラッグストアで頼まれたもんを買い出し。家に着くと玄関から荒れている。届いた宅配便がそのまま、靴も洗濯もんも、ペットボトルも散乱してて、会社の先輩に差し入れてもらったポカリやゼリーで何とか助かっていたようだ。息子好物のわらび餅を買っていくと「食べたかった~こっちにないねん、こんなん」…きっと売ってると思うけど探しきれてないようや(泣)

まず、たまった洗濯もん、掃除、買い出し…って、そのくらいしかでけへんやん。

初めての電動自転車に緊張しながら、近所を散策。半分スーパーのようなドラッグストアで白ネギしかない!たまごのおじや(雑炊)はやっぱり青ネギちゃう?!ショックをうけつつ、泣き泣き乾燥ネギを買う。自動車や自転車のリズムもビミョーに違って、関西でないことを実感。住めば都やし、ええとこもいっぱいある。転勤族の宿命やから本人はそうでもないやろうけど、大阪しか知らん私はなんか寂しかった。お母さん大学生にも故郷を離れている人もたくさんいる。知らない土地で子育てするって大変だろうな。でもそこで知り合いをつくって生きていくんだろうな。せやけど、今回FBで発信すると横浜のお母さん大学生たちが「買い物するよ!ご飯運ぶよ!」と言ってくれた。その気持ちがほんとにうれしかった。ありがとうございます。お母さんが子どものために地域とつながるって、こういうことなのか。

うつったらアカンと言われ、座布団2枚ひき廊下で寝る。食欲のない息子を見てると自分も食べる気がせんで、100グラムくらいは減ったかな?たった一泊、結局片付けに行っただけ。いらんと言われてもしてしまった。親ばかなんで。

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪