母がいっぱい

小2の次男が書いてくれた、【母】の字。

長らく【わたし版】の題字にも使わせてもらっていたけど、
何せ、次男の発想が素晴らしい!!

最初のきっかけは、学校の音読カードのサインを、私の代わりに自分で「母」と書いたのが始まり。
その字が躍るように書いてあったので、私が
「おどり母だね!」と言うと、それからどんどんバリエーションが増えてきた。

夜、家族団らんの時間に、ふとそれを思い出し、
「ねえ、たっちゃん。『おどり母』書いて」
と頼むと・・・
この通り

DSC_2024

更に進化して、『わらい母』まで(笑)

そして、どんどん創作意欲に火がつき!!

DSC_2023

*カクカク母・まるまる母

DSC_2022

*ガリガリ母・ふとっちょ母

DSC_2026

*でかでか母+父

作画中

DSC_2020

DSC_2027

*ついには、私の顔まで(笑)

そして、全作品がこれです!!!
ものの30分で、あっという間にできました!!

色んな【母】がいっぱい!!

1兆円もらっても、この息子の絵に勝る価値はない!!

う~~ん!これだから、母はやめられない!!

ABOUTこの記事をかいた人

近藤美和子

岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小6と小3のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。3年前から、わたし版【筑前町ゆりかご版】を書いています。 また、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・歌うこと・人と交わること・高校野球です♪