やっちゃった、本末転倒。

最近我が家では、小学校1年生の長男と私がダイニングテーブルで勉強する時間を設けています。

以前、長男から「大人は宿題も勉強もしなくてずるい!!」と言われて「やれと言われてばかりじゃ、確かにやる気が出ないよなぁ」と思い私も長男が勉強している時には、隣でやる事にしました。

でも、この年になると何を勉強したらいいのかわからず、長男を出産する前にファイナンシャルプランナー(FP)3級の資格を取っていた事を思い出し、せっかくなのでファイナルプランナー(FP)2級の資格を取るために独学で勉強する事にしました。

私の性格上、期限を決めないとダラダラ時間のみが過ぎていく勉強になってしまうので目標という意味でも試験を受ける事にし試験料の入金もお小遣いから済ませました。
その額8800円、、。
私には大きな額。
私のお小遣いを無駄にするわけにいかないと長男と一緒に勉強しながら、子供を寝かしつけてからも勉強する事に。

ところが、前に勉強していた時は29歳・今の私は38歳、、、。
重要なところを覚えようとすると脳が拒否しているかのように全然頭に入ってこない。

しかも、試験日は1/26!!

机に向かっていると、「ママ教えて」「ママわからない」と聞いてくる長男。

最初の頃は優しく受け答えしていたのですが、試験日が近づいていくにつれて、「自分で考えなさい!」「この前やったでしょ!」とトゲトゲしい受け答えに、、。

時間がない、覚えられない、お金がもったいない、真剣にやらなくちゃと自分を追い込みながら集中していた先週の日曜日。
ついに
長男「ママわからない。教えて」
私「さっきから、何度もママ・ママうるさい!もう勉強しなくていい遊んでなさい!!!」

ん?
あれ?
やっちゃった、、

長男と一緒に勉強する為に始めたのに、”勉強しなくていい”はまさに本末転倒。

一息コーヒーを飲んでから長男に謝りました。
「お母さん、最初は一緒に勉強するのが楽しかったのに試験日が近くなって合格してカッコいい姿見せたくてイライラしてごめんね。」

それからは、マイペースに楽しく長男と一緒に勉強しています。
今回ダメでもまた今年中には合格できるように挑戦するつもりで頑張りたいと思います。

でもやっぱり試験料が勿体無いので、次回までにはなんとか頑張ります。

ABOUTこの記事をかいた人

清水彩子

男の子2人(7歳、3歳)のお母さん7年目です。 毎日起こる兄弟ケンカに悩まされております、、。 イベントを探して参加するのが好きで、みなとみらい方面のイベントによく参加しています。