お下がりの肌着

次男4歳の肌着。

4歳上の長男より大きくなるのが早くて、着れなくなったらすぐにお下がりとなっている、次男の服。

長男はきれいに服を着てくれる子だったし、しかも成長もゆっくりさん。

長く着れるから、新品を買っても全然勿体無い気はしませんでした。

それに反して、まー次男の洋服のもたないことったら!!すぐにズボンは穴があくし、首のところに腕も一緒につっこんだりするものだから、すぐに首もヨレヨレ。。

新しい服を買うのが勿体無いったら!笑

なので、ほぼお兄ちゃんのお下がり。
でも、「お兄ちゃんのだ〜!」と喜んで着てくれる平和な子。

なのですが、、肌着はーーー

きれいに着てくれる長男であっても、ヨレヨレ。。
さすがの次男も、え〜。。しかも真っ白。車や電車の絵すらない。

そうだよねーやっぱりねぇ

でも、新品を買うのは、やっぱり気が引ける母心。もったいないなぁ。。

ん〜
そうだ!
絵を書いてあげる!

何がいい?って図鑑を引っ張り出す。
それはちょっと書けない〜と母の都合もありつつ、交渉で決まった三枚は、カブトムシ、クワガタ、恐竜となんとも男子なセレクト。

ちょっとそっとしといてよーー
触らないでよーー
カキカキ。。

できた!!
なかなかの出来栄えじゃない?自画自賛!
次男も大喜びしてくれた!

でもね、気に入って着すぎて、さらにヨレヨレ。もうシャツからとっくにはみ出して、スカートみたい笑

それでも着てくれる(T_T)
ただののびた白い肌着だったのに、、嬉しいなぁ〜

私は年の離れたしかも兄たちだったから、お下がりなんてほぼなくって、いつも新品ばかりでした。

あんたにはいつも新品を買ってあげてたって、母に言われたけど、当の私は全然記憶になくって、特に嬉しいとも思ったことがなかったな〜

でもきっと母も、今の私と同じように、上の兄たちにはちょっとかわいそうかなぁなんて思いつつ、勿体無くてのびたお下がりを着せていて。だから、私に新品を着せてあげれるのが、嬉しかったんだろうなぁ〜

こんなのびた肌着でも、喜んで着てくれる我が子が、ちょっぴり胸の奥がツンとするような、クスッとするような、私の思い出と重なったように、子どもたちも大人になったら思い出すのかな〜

フフフ(^^)

佐賀市Smile版 福田重満子

ABOUTこの記事をかいた人

福田重満子

8歳4歳の2歳の男の子三人のお母さんをしてます(^^) 6年間地域版を書いていて、卒業してもいい!と言われてもまだ書いてます(*^^*)