“コロナ自立”…複雑な気持ち…

3月から休校になってはや1か月。
学童の先生から
『良くも悪くも自立が進んだお子さんたちがいますね、
“コロナ自立”ですね』と言われました。

“コロナ自立”!?

春休みまでは
・学校一時預かり→学童
・お留守番
をほぼ1日おきに繰り返していた息子。

学校では1時間目~5時間目までは自習。
ドリルや折り紙、図書室の本を持ってきて読書、などなど。
25分休みや昼休みは校庭で鬼ごっこなどなど。
14時半になったら学童へ。
体を動かせるのは良いけれど、ずっと自習というのは
中々厳しいらしく…。
連日行くのはイヤだ!と言い始めた。
とは言うもののそんなに仕事は休めない。
…ということでお留守番にチャレンジ。

お弁当とおやつを準備。
その日にやる宿題を準備。
母の職場と携帯の電話番号のメモを準備。
お約束として
・YouTubeを見すぎない
・インターホンは鳴っても出ない
・家の電話が鳴ったら留守電に入れるメッセージの声が母以外は出ない
・どうしても困ったら管理人さんの所に行く

電話を何度かかけてきたり、私からもかけたりして
1日乗りきった!

息子の自信にはなったようだけど、
母としては心配、不安。

電話で名前を言ってお母さんはいますか?と聞くこともできるようになった!
できるようになることは嬉しい、
でも複雑。

少しずつ自立はしてほしいと思っているけれど、
きっかけがコロナか…。

まだ毎日お留守番は耐えがたいようで、
様子を見ながら親子で成長していけるように
がんばるんだろうな。

まだまだ収束には程遠く…
始業式はあるものの授業再開は未定。

ペースを掴んで、疲れすぎないようにするのが目標です!

2 件のコメント

  • 親子ともに心臓がドキドキしながらのお留守番ですよね。
    毎日本当にお疲れさまです。
    細やかに生活の約束がお母さんと交わされていて素晴らしいです。
    自立のきっかけがコロナ…
    それは、子どもが今必要に迫られて自立していることですものね。私も少し複雑です。
    子どもが自ら自分で立ちたいと思うときが本当の自立。
    このことをきっかけに、
    色んなスキルを習得してる姿に、大人の方が励まされますね。

    • 優さん、ありがとう!
      お留守番の時は仕事中も携帯を気にしたり
      やや集中力にかけています(苦笑)
      元々学校に嬉々として行く息子ではないのですが、
      消去法でお留守番を選んだ感じがします。
      本当はね…『学童にいかなくてもひとりでできるもん!』
      となってからお留守番をさせたかったなぁ、と。
      来年学童に入れなかったら毎日ひとりの時間ができるので
      予備練習にはなっているかも?
      かなりのイライラかーちゃんになってますが、
      息子もがんばってるしな、と気合いをいれています!

      がんばりましょうねーーー。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    坂元 悦維(ぴぃ)

    さいたま市在住です。 2012年6月に”お母さん”になり、 2015年10月にお母さん大学に入学しました。 息子と2人で毎日バタバタとすごしています。 よく食べ・よくしゃべり・よく笑う♪がモットーです!