手づくり「フェイスシールド」をつくってみた

手づくりフェイスシールドを医療・介護の現場に届けよう!

感染者の人数に日々ドキドキしている。
基本、人と会わない生活には慣れてきているけど
いろいろ悩みはありつつ、
静かで、おうちの中では少し平和を感じるだけに、
今、私たちが住む大阪はどうなってるんだろう、と
考えるきっかけになったこと。

14日、大阪市の松井市長が市民に呼びかけた。
松井一郎大阪市長 市民に「雨がっぱ」提供お願い 防護服不足深刻
治療現場で防護服が不足し、ゴミ袋をかぶって治療している。
市民に未使用・未開封の「雨がっぱ」を提供してほしいというもの。
また、防護服と共にフェイスマスクもない。
手づくりでもいいから協力してほしい、との訴えだった。
大阪市の健康局総務部総務課発信のページにも出ている。
医療現場の防護服の不足に伴う、雨合羽の提供のお願い

これを見たお母さん業界新聞読者の
絵本作家さいとうしのぶさん(大阪在住)が
「防護服はつくれなくても、フェイスシールドなら手づくりできるのでは?
何かしたいと思っているお母さんたちにお知らせしたい」と連絡をくださった。

市販の材料を使い1分で完成する医療用のフェイスシールドの作り方をニューヨーク大学が無料公開
他にも公開されている、動画を参考にして
「透明プラ板」や「パンツのゴム」、簡単な道具を揃え
早速つくってくれた。

「宇賀さ~ん!できました~!」

さいとうさん、スゴイ!

「とっても簡単にできました!
立体的なので、実際送るとするとゴムを外して送る方がいいかも。
これなら子どもたちと一緒に手づくりできますね。
そうだ!レジュメをつくりましょう♪」

と、オリジナルの可愛いレジュメをいただきました!
おうち図工の時間にぜひ♪

さいとうしのぶさんより、お母さんたちへ
「みんなでがんばろう!」


※さいとうしのぶ/堺市に生まれる。
絵本の創作と手づくり絵本を広める活動をしている。
代表作は「あっちゃんあがつく たべものあいうえお」(リーブル)

ABOUTこの記事をかいた人

宇賀佐智子

大阪の宇賀佐智子です。26歳長男・23歳長女の母。大阪エリア版を2018年春に創刊しました!子育てが楽しくなる大阪、誰もが子どもたちの未来を考える大阪、美味しい楽しい大阪を目指します♪