お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

食べる楽しみで免疫up!

小倉屋山本さんの昆布が届いて、

我が家の食卓にも花が咲いています!

 

そして先日は美勢商事さんからひとくち餃子まで頂きました!

 

どれも、「毎日がんばっているお母さんへ」のあたたかい思いが

詰まった贈り物。

 

お母さんをがんばることも

家事をがんばることも

当たり前のことだから誰が褒めてくれることでもないと、どこか思っていた。

こんなにも世の中が混乱していては、

お母さんなんていう当たり前の存在に、世の中はもっとスポットを当ててくれないだろうと思っていた。

お母さんは、

子どもを病気から守って当たり前。

家事をして、在宅ワークや休園中の家族を支えて当たり前。

世の中は、どこかそんな風に思っているんじゃないかと。

 

そんな所に届いた、それぞれの社長さんからのお手紙。

涙が出た。

私の小さな暮らしの中の、小さながんばりを

どこかで応援してくれる人がいる。

とっても有難い思いだった。

 

昆布は、それだけで白いご飯が美味しくなる。

食卓に海の幸のごちそうが加わって、横須賀っ子も嬉しい。

娘は昆布を食べて背が伸びた気でいる。

お父さんにはおにぎりにして、仕事に。

 

餃子も、なんかうまく焼けなかったけど、

そんなの関係ないほどモチモチで美味しかった!

お父さん、3人で分ける数も数えないでパクパク食べてる!おーい!

 

そして、昆布の箱で素敵なお弁当箱を作る方がいたように…

我が家では餃子の箱でビー玉めいろを作りました!

案→お母さん    作→お父さん    意見(文句)→お母さん

 

お母さんは、ちょっとでも応援されるとすごく頑張れる人が多いと思う。

私もその1人。

美味しい味と、あたたかい気持ちに支えられて、

この事態を乗り越えます!

※餃子プレゼント。詳しくはコチラで。

6件のコメント

>娘は昆布を食べて背が伸びた気でいる。

これ、小倉屋山本さんが読んだら、涙出るね。

>餃子も、なんかうまく焼けなかったけど、

餃子の美勢商事さん、この焼き方に、涙出るね。

昆布の箱が、ビー玉の迷路に

お父さん、素敵。

餃子を食べるお父さん、かっこいい!
餃子のCMに推薦しよう!

お手紙を何度もじっくり読んで、箱に詰まっているのもじーっと見つめてしまいました。
あたたかいお気持ちにいつまでも感激です。
吉村家の食卓。1人ずっとしゃべり続ける人がいますがぜひ!(笑)

何ておいしそうなんだ~!ご飯食べ終わった今、またお腹が空いてきました(笑)
ビー玉の迷路、よく夏休みの宿題とかで作ってくる人いたのを思い出しました。
そうそう、お父さんが作る担当よ!
NO.1ということは、続くのかな。シリーズかな。

わぁ嬉しい!おつまみだったら任せてください!(なんつって)
お母さんは口だけで、お父さんがとにかく実行部隊です(^^;
続きますかね!今度は急に難易度を上げてきそうです(笑)

コメントを残す

ABOUT US
吉村優
◇MJプロ ◇神奈川県横須賀市在住  ◇2016年生まれ 年長1人娘 ◇わたし版「pokke版」 ◇夫は10歳年上 ◇学童保育指導員  ◇『お母さんのことはお母さんに聞こう』が私のお母さん大学キャッチフレーズ  ◇「母時間ラジオ」パーソナリティ