【乾杯21日前】お母さんが元気になるビール


これは、22年前につくった乾杯ビール。

7月30日、7時30分、
がんばっている自分に、夢にカンパイ!
するための、限定ビールでした。

デザインは、昨日のブログでも書きました、
グラフィックデザイナーの中川憲造さんです。

全国の仲間が注文してくれて、
お母さんが元気になるビールは、あっという間に完売!

「これ、フツーのモルツよりおいしい!」と、仲間たち。

そう、特別仕様だから、おいしいんだよ!と言ったけど、
中身は、フツーのモルツでした。

子育てにがんばっている、お母さんのための、夢が叶うビール
というだけで、おいしく感じるのだ。

もし今、そんなビールがあれば、私ぜったい買うけどなぁ。

が、当時は、お母さんがビールなんて、という批判もあった。
だから、あえて、企画したんだけど。

お母さん業界新聞の表紙にビールの広告が入ったときも、
「お母さんの新聞なら、ビールではなく、パンパースでしょ!」と。
そういうことを言うのは、決まって、女性たちだった。

お母さんらしさって、何?

世の中の常識は、
お母さんがお酒を飲む=キッチンドリンカー

お母さんだって、子育てしていると、のどが渇く。
それに、仲間と夢を語り合いながら飲むビールは、最高よ!

と、若い頃は、とんがっていました。
今は、もうとんがれません。

まあるくなって、
月見で一杯のフジモトになりました。

いや、それもいかん。
乾杯の日までに、少しでも痩せようか…。

★百万母力祭概要>>https://www.okaasan.net/hahagokoro/55516/
★百万母力祭の最新情報>>https://www.okaasan.net/tag/kanpai2020/

問合せ・申込み:乾杯2020実行委員会 kanpai730@gmail.com
委員長:池田彩(お母さん業界新聞ちっご版編集長)090-9062-7421
副委員長:植地宏美(お母さん業界新聞横浜版編集長)090-3902-8577
主催:お母さん大学(お母さん業界新聞社)TEL045-444-4030 info@30ans.com