三世代の母心がつまった七五三、祖母も喜んでくれたかな?

先週の日曜日、快晴。
無事、末っ子の七五三を迎えることができました。

着物を仕立てるのを仕事にしていた祖母が
私と妹に残してくれた七五三の着物。

ギリギリまで、どうしようかと二の足を踏んでいたのですが、
親せき含め、末っ子しかもう着せてあげることはできない!と思いなおし、

前日、実家にあるはずの着物を、慌てて取りに行くことに。

ついでに、裁縫が上手な母に裾も袖もなおしてもらおう~
とあまーく思っていたら…

実家(熊本)にあったのは帯や飾りだけ。
着物はわが家(久留米)にあるということが判明(笑)。


高速に乗って飛んで帰って来たのに…。
なんで、そんなことに…。
犯人は私しかいませんが…。

末っ子一花は、「もう着なくてもいい。このままばあちゃん家でゆっくりしたい」と言い出す…。

だけど、ここは母の意地。
直し方を教えてもらい、とりあえず帰ってからやってみることに。

チクチクチクチクやってみること1時間半。

そんなに難しい作業ではないのですが、
こんなに集中したのは久しぶりでは?
というくらいの集中力で、なんとかかんとかできた!

その間、なんど
「まだ?」「ちょっとだまっといて!」のやり取りをしたことか。

あーよかった。

計画性のない私らしい七五三。

てんやわんやだったけれど、

着物の寸法の直し方もわかったし、
あと6センチ身長が伸びても着れるということもわかった。

だから、花丸にしよう。

満足しているのは、末っ子本人よりも私と教えてくれた母
そして、きっと天国で見守ってくれている祖母。

3世代の母心が詰まった七五三になったかな?

一人、なんだか達成感を思いっきり感じた七五三でした。

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪