年末の恒例

クリスマスの二日後に末っ子の誕生日がやってくる。

兄たちが示し合わせた訳でもないのに、お菓子のプレゼントを買ってきた。末っ子の好きなお菓子ばかりが入っていた。(姉たち少し慌てた、プレゼント買ってない・・・)

そう、私が一番忙しい年末がやってきた。

毎年、年賀状は子どもの誕生日の写真を載せている。そのため、末っ子の誕生日のその写真撮影が終われば、急ピッチで年賀状制作が始まる。大好きなNHKの72時間スペシャルを見ながら明け方までメッセージを書いたっけ。(今は昼の時間に変更され夜通しやらなくなったが。)

でも今年はいつもとは違った。

末っ子のバスケ部の試合はず~っと無観客、今まで一度も観戦出来ていない。前年まではミニバスの予定で休日が終わっていたが、そんなこんなで今年は余裕が出来ていた。なんと久しぶりに元旦にお届け出来そうだ。

年賀状、毎年これだけで繋がっている人も多い。

「お元気でいてください」ひと言添えた。

 

ABOUTこの記事をかいた人

田端真紀

長男21歳を筆頭に二男19歳、長女17歳,二女16歳、三男12歳の5人のワーキングマザーです。MJプロです。