サクラサカナイ

SNSでは連日、
「うちもサクラ咲きました〜〜〜」
という報告が。

みなさん、おめでとうございます!
でも、

うちは、サクラサカナイの。

子どもの年齢を聞かれるときに、
「お姉ちゃん、何年生?」と聞かれますが、
コタエラレナイ。
普通の学年でいうと高卒の年です、ということにしてる。
察しない人は、チンプンカンプンな顔をする。

枯れない花はないが、咲かない花はある。
世の中は決定的に不公平だ。

小説家の西尾維新さんの言葉。

私はもう少しこの子の蕾を愛でていることにする。

10 件のコメント

  • すごく気になります、この小説家さんの言葉。

    植地さんちの娘ちゃんは、今は養分を蓄えている時間なんでしょうね。自分のタイミングを見計らっている。どんな大輪の花を咲かすか楽しみです。
    それを親として静かに見守りその時を待つ姿勢は、信頼関係からでしょうか。
    親子の信頼関係問題、最近とても気になっております。

    • 咲きたくても咲けないお花にとっては不公平なのかもですね!
      咲かそうと思っていない場合もあるということでw
      信頼はしています。
      わかっています。
      でもまだ時折ザワザワした感覚が蘇ることがあって、
      ああ、まだ人と比べているなぁと、まだまだ修行が足りないなぁと思います。

  • 人それぞれ、咲く日は違うと思うし、
    たまっている分、咲いたときは、スゴイだろうな。

    植地さん。これからも、母修行しましょ。

    お母さんとは、終わらない旅です。

    楽しい旅、しましょ。お互いに。

  • 娘ちゃん、賢すぎて勉強なんて教科書を読めば分かる、先日の歯科医の井出先生と同じだなーと思ってました。
    型にはまらない花、他とは違う色をしてるかもしれませんね。そんな素敵な蕾、いつか咲かせる時はどんなだろうなー楽しみです!

  • 学ばされるなー植地さんの記事にはいつも。
    サクラサイテモサカナクテモ、サクラはサクラですね。
    いや、サクラだったと思っていたけど、実はバラだったかもしれませんね。 
    青いバラ。

  • 娘ちゃん、もうそんな歳なんだね。
    働こうと思えば働けるし、海を超えることもできる。
    結婚だってできる。
    1人でいろいろできる歳になったね。
    無限の可能性が広がってる!世界は広い!
    井の中の蛙たちの言うことなんて気にしないで!

  • きっとその人その人の咲く時期は
    それぞれで、晩年になってから咲く人もいるし
    早々と咲いて散ってしまう人もいる

    だから、なにが正解とかなくて
    ただただ、そのタイミングを
    ひたすら待ってるのかもですね

    娘さん。

    でも本当は咲いても咲かなくても、
    どっちでも良くて。

    そのまま生きてくれてるだけ
    充分なんだろうなぁて

    そしてそれを見守る植地さんが
    とてもたくましく、眩しく
    素敵なお母さんだと思うのです。

    もちろん大変なこともたくさんあり
    乗り越えた先にまだあったのかという
    思いもあるのかもですが、、

    でも本当に素敵な親子だなて思いました。

    全て起きることはベストなんだろうなー
    と思いました。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    植地宏美

    お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。