天才のお食い初め

新米のくせにズボラ母の私は「お食い初めは絶対に外で美味しいものを食べるぞ!」と決めていた。

しかし息子のお食い初めの日はまさかの緊急事態宣言中。せっかくの機会なので家で作ることに。

近所のスーパーに買い物に行くと、またもや事件発生。メインメニューにする予定の鯛が売っていない!

別のお店に行くのが面倒くさかった私は恐る恐る夫へ提案。

「鯛が売ってないけん、鯛焼きでもいいかな?」

それに対し夫は眉をひそめて一言

天才か?」

料理下手のため質素だが、息子が一生食べ物に困らないようにと願いだけはたくさん込めて作った。

疲れて笑顔が消えるよりも、お祝いの気持ちとみんなが楽しく食べられることが大切だよね。と、話しながら食べた鯛焼き(しかも冷凍)はとても美味しかった!