短縮するひとびと~いってらの上をいく末っ子~

なんでも短縮する子どもたち

行ってきますは「いってき」

行ってらっしゃいは「いってら」

これは中3のお姉ちゃん、小6のお兄ちゃんには当たり前。

私も時折、言ってみたりして楽しませてもらっている。

さらにその上をいくのが末っ子一花(小2)

ホワイトボードに書いてあった末っ子のメモを誰も読み解けない(笑)。

さてさてなんと書かれているでしょうか?

「まい日1はまといはアのピをする」

答え「まいにち1回はマとチカはナと雪の女王のピアノ練習する

「短縮しすぎやろ!!」とお兄ちゃん。

私からしたら、あなたも短縮しすぎと思うけれど(笑)。

若ければ若いほど短縮するのかな??

ついでに、わが家の短縮するひとびとの最近を末っ子風に紹介してみよう。


イがピをカがギをれ


みでスをた

短縮しすぎやろ!
上:イチカがピアノをカレンがギターを練習中
下:みんなでスラックラインを楽しむ

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪