お母さん大学ウクレレ倶楽部「母レレ(ハハレレ)」発足しました

7月30日の乾杯イベントはハワイ一色!でしたね。
特に乾杯コールの依頼を快く引き受けてくださった、ウクレレ奏者のガズさんのLIVEとトークの気持ちよさはたまりませんでした。
なんとも言えない一体感、そして、ガズさんの言葉の全てが心に染み込んできましたね。

あの楽しかった時間をカムバック!
子育てに音楽を!

音楽は、上手になるためにするのではなく、家庭の中に、子守唄のようにあるべき。

「みんな、プロになりたがる」これはガズさんの言葉。

「今日からジョギング始めました、という人に「いつ、マラソン大会に出場するのですか?」とは聞かないように、
今日ウクレレ始めたからと言って、完璧にコンサートで演奏できるようにならなくてもいいのです」。
これもガズさんの言葉。

ウクレレに癒されて幸せ気分になれば、イライラの毎日もきっと変わるはず。
お母さん大学では、より、お母さん自身が笑顔で過ごせるように、ウクレレ倶楽部を発足します。
その名も「母レレ(ハハレレ)」。

こちらは、「勝手にガズレレ」というガズさんのお勝手クラブに正式に登録しました。
ロゴももらいましたよ。

というわけで、皆さん、ご一緒に。

実際の活動はFacebookのグループで行います。(これは「勝手にガズレレ」のルールです)
参加費は無料。
もちろんお母さん大学生以外も参加OKですよ。

自分のウクレレを必ずご用意くださいね。
ガズさんのウクレレ、ガズレレもいいですよ!
はじめての方に最適なウクレレを用意してくださっています。
(最初はネットなどで、安いものを買ってもいいと、ガズさん、話していました)

それからもう一つ大切なお知らせ。
note母の湯の中に「母レレ(ハハレレ)の湯」をつくりました。
こちらに入っていただけると、母レレ運営メンバーとなれますので、課題曲の決定や、練習方法、今後の活動、イベント企画などなどを一番近くで楽しめます。

「私音楽のセンスないから…」
「何度もギター挫折してるから…」

できない理由を並べるのではなく、どうやったらできるのかを考えませんか?

やってみたい!と思う方は、ぜひご参加くださいね。

自分が楽しみたい、それだけです。
しかも1年後にはウクレレの弾ける自分になっているのですよ。
想像しただけで、うれしくなっちゃう。

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。