お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

至福の会話

STORYPIC_00005934_BURST211111191333

もうすぐ2才の息子。

私の押すベビーカーに乗りながらの会話。

「かか、おちゃもむ(飲む)?」

「飲むよ。ぼくも飲むの?」

「のまない!!(全力で首を横に振る)」

“も”はどこへいったー?

毎日ぽろっと出る言葉たちが面白い。

※写真は、ほぼ寝てるけど食べたい息子。

4件のコメント

もうすぐ2歳、孫はなってしまった2歳。
言葉の獲得状況が感じられて面白いですよね。
そういえば、孫が僕も…と言っていたのも楽しめました。
イヤイヤ期も含めての可愛さ発揮の年頃をここで共有できて楽しさ2倍です。

コメントを残す

ABOUT US

曽我幸恵
MJプロ│お母さん歴約7年、元・お母さん業界新聞あつぎ版編集長│小1の娘&2019年11月生まれ息子2人の母 神奈川県厚木市在住、茨城県水戸市出身、学生時代住んでいた宮城県仙台市は第二の故郷。 厚木市子育てアドバイザー&ほっとタイムサポーター│ヨガセラピスト│インタビュアー&ライター。 *noteでもインタビュー記事など書いています。 https://note.com/sogasachii *アメブロも時々。https://ameblo.jp/sattsun2525/