お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

育児はボロボロ!心はシンデレラ!(ミハマ商会さん座談会)

ミハマ商会さん×お母さん大学の座談会に参加させていただきました。

靴にまつわるエピソード

①左右違う靴を履いて家を出てから気づいた話

②私が小さい頃に履いていた12センチの靴が出てきた話

③ミハマさんとお話しするんだ〜!と実家の母に伝えたら、入学式卒業式で履いてたパンプスがミハマさんのだったよ!と言われた話。

母のヒールに憧れて、こっそり玄関で履いていたあのリボンのやつだ!覚えてる!と、つながりました。

ということで、私の靴エピソードは、もれなく③を!笑

(植地さんに、ヤラセっぽい〜と笑われました!だって!これは!ここで話さないと!!笑)

 

子どもを出産してからは、もっぱらスニーカーやペタンコの靴。

子どもを追いかけられ(お会いしたことある方は本当に走ってる!!と笑われる)

子どもたちの泥だらけに付き合う、

横須賀は海が近いので、いつの間にかこうなる

そんなこんなで、キレイな靴を履けない

そして遠ざかって行く。

そんな毎日。

 

子どもたちの足はメキメキと大きくなって行く。

洗い替えに、長靴に、上履きに、年に何度も靴を新しくする。

自分のことなんて後回し。

お母さんってどのくらいの頻度で靴を買ってるんだろう。。

サイズアウトして行く子どもたちには購入して行くけど、お母さんは年に何度も買わないよね。気がつくと、くたくたのボロボロ!

でも今日話をしていて気がついた。

独身の時の様に気持ちが上がる足元でいるか?

ボロボロの靴も戦友のようだけど、でも、いい靴も履きたいと思っている!

気持ちが上がる靴を履こうという気持ちを、靴と一緒に箱にしまう。普段使いから離れた場所にキチンとされている…

座談会が進んで行くうちに、ステキな靴が欲しいぃ!!!と、思った。

 

靴が汚れていたら、お店に入るのを躊躇してしまうかも話すと、

ミハマ商会の森社長は、気にならないですよ!青空の下でウィンドーショッピングのようにフラっと!と言ってくださった。

コロナ禍で、外出もなかなかできないし、お洒落なお店に行くことも遠のいていた。

ガシガシ洗える靴や服をいつのまにか選んでいた。

お店で眺めるだけでも、そのわくわくした気持ちを味わいたい。

そのあと元町でランチもいいな〜! 

スペシャルデー作らなきゃ!

そう考えたら、とってもワクワクしていた。

お母さんだけど、女性としても、いつも頑張っている自分も大切にしたい。

そう思わせていただける座談会でした。

大事な気づきとステキな時間をありがとうございました。

11件のコメント

岸さん、お子さんを抱っこしながら、座談会ありがとうございました。
ガラスの靴に憧れ、私も履いてみたいなって、そんな気持ちを思い出せる時間でしたね〜。
お母さんの心と顔が華やいだら、おうちの中がふわっと明るくなりますね。
お母さん大学のペンは、魔法の杖になるのかもしれませんね。

シンデレラの気持ちなんてまーったく忘れてました。
目の前のこと、今の生活しか考えていなくて…
視点を変えることや、この世の中でこんなことしてみたい。を忘れてしまっていたような気がします。
ペンは魔法の杖?ステッキ?もうそれしかない!
書いて現実にしていこう〜!!

岸さん

靴の世界へようこそ!

スペシャルデーで、街を歩こう。

母時間を楽しもう。

と言いながら、わが子が気になってしかたないお母さん。

岸さんも、そのひとりだろうな。

でも、それこそが、母時間の醍醐味なのかもね。

素敵な報告記事をありがとうございました。

ちなにみ、私も①をやったことあります。

わが子気になりますね、きっと。。笑
一緒に思いっきり遊ぶ靴も、素敵な靴を履くときも全部全部わたし!
思いっきり楽しみたいです!
藤本さん1番あったんですか!!!?
なんであの時話してくれなかったんですかーー!!!笑
でも仲間がいてよかったです♡

うちの母もミハマさんの靴はいて入学式とか
来てくれてたんだよ同じだ!!て思った

岸さん一緒に元町のミハマさんいこうよ!!
二人で試着だけ(買わんのかい)
て座談会でて誘おうと思ってた

間橋さんもお母さんもお姉さんもミハマさんの靴持っててってお話しされてましたもんね!!

わーい!一緒にいきましょう!!
1人だとやっぱり尻込みしそうだから、笑
一緒にわいわいウィンドーショッピングしたいです!
間橋さんが足が辛くなったら抱っこしたらいい?おんぶかな?鍛えておきまーす!笑

「気持ちが上がる靴を履こうという気持ちを、靴と一緒に箱にしまう。普段使いから離れた場所にキチンとされている…」

この表現、秀逸!!!
ほんとだね、
お母さんは、昔は全面に出していたはずのたくさんのそういう気持ちを、普段使いから離れた場所に押し込んでしまっている。
だからこそ、時々出してきて、感じたい!
そういう場所と機会があればいいよね☆
私も今度横浜に行ったら元町行くぞ!
(元町は一度しか歩いたことがない・・・)

は!天野さんに、秀逸!と言ってもらっちゃった!!

うちは玄関が狭いので離れたところにしまってるんです。
だから、この日と決めた日に気合を入れて出す感じ。。
引っ越したら目に入るところに…と決めました!
天野さんが横浜に行く時にぜひお供します!
履いて行きたくなる場所をどんどん作って行きましょうね!

靴〜!!海外に住んでいた時、英国紳士に日本語を教えていたことがあって、
「足元を見られる」って言葉があるように、靴だけはその人の人となりがわかってしまうから、
いい物をって聞いていたのに、わたしがいま履いている靴もアウトレットでサイズMって感じで
選んだ靴で、傷が目立ってきたものです・・・。
追っかけられて、すぐ履けて、利便性を求めてしまうのが母の靴。だけど、一人の女性として
履きやすいけども背中がシャンッとするような靴、わたしも欲しいです!
元町、数回しか行ったことないけど、素敵な街ですよね♪行きたい〜!!

山﨑さん!
英国紳士に日本語教えてたのですねー!
足元が綺麗だと気持ちも上がるよね!
表情も良くなるよね!と座談会で盛り上がりました!
山﨑さん元町でご一緒しませんかー?
そしてそのまま横須賀に…!!
この生活が続いているので、気持ちもなんとなく蓋をしていたんだな…と感じました。
みんなで元気になること一緒にやって行きたいですよね〜!!

コメントを残す

ABOUT US
岸千尋
https://www.okaasan.net/author/kishichihiro/ 小中高と横須賀で育ち、父の転勤で東京へ。縁あって横須賀に戻ってきました! 小2・年中・2023.3月誕生、わが家全員早生まれ3兄弟の母。MJプロ。 最近家から見える東京湾の海に出入りする船を眺めることに癒されてます。 いつも息子たちを追っかけて、泣いて、笑って、忙しいけれど、あっという間の日々を残して行きたいです!