お味噌と笑顔をつくります Doみそくらぶから「楽しみそ」へ

 

お味噌と笑顔をつくります Doみそくらぶから「楽しみそ」へ

Q:「Doみそくらぶ」とは?

子どもが小さい頃、私自身が伝えられる得意料理は何だろう?と探し続け、
辿り着いたのが「味噌」でした。
子どもと一緒に楽しめる味噌づくり、しかも仕込みは年に一度という手軽さです。
子育てをしながら仕事をしていた私にとって、味噌づくりが、
子どもと過ごすいい時間になったことも一石二鳥でした。
味噌は日本の伝統的発酵食。味噌のつくり方を伝 えることが、
日本文化の継承になり、結果として、子どもたちの食育につながりました。
そんなことで、味噌づくりにすっかりハマってしまった私。
より多くの人に味噌の良さを知ってほしいと、
1997年ボランティア団体として「Doみそ くらぶ」を発足。
今年で21年目を迎えます。
「楽しみそ」(事業)として、楽しみながら味噌づくりをする活動を続けています。

Q:活動内容は?

「誰でも、簡単、楽しいみそづくり教室」をモットー に、
保育園や幼稚園、小・中学校~大学、児童養護施設、特別支援学校、
児童クラブ、子育て支援 センターやサークルなど、
さまざまなところで味噌 づくり講座を開催しています。
ビニール袋に大豆・米麹・塩を入れて、手でもむだけの簡単な体験から、
5~10キロも仕込む本格味噌づくりまで。
2013年からは、自宅を拠点に味噌づくり教室を開催。
完全予約制で1人でも味噌づくりを教えてい ます。
親子の味噌づくり講座では、ビニール袋に入れた大豆を足で踏み潰したり、
味噌団子を容器に投げ入れたり…。
子どもと一緒に楽しめる内容となってい ます。
お母さんたちには、子どもと一緒に、おにぎり持参で参加してもらいます。
味噌汁とおにぎりのランチタイムは、ママトークに花が咲き、
それもまたお 楽しみタイムになっています。
さらに年に1回、年間報告を兼ねて「Doみそ新聞」を制作・発行しています。
味噌づくりを通して出会えたたくさんの人たち、さまざまな出来事を思い返す作業として、
新聞づくりも楽しんでいます。
出来上がった新聞は、味噌づくり講座に参加して くれた方々にお配りしています。
Q:なぜ今、味噌づくりなのか?

味噌づくりを広める一番の理由は、子どもの原風景に
「味噌」や「楽しい味噌づくり」を残していき たいという思いからです。
私たちは、お母さんになってはじめて、ここまで長く愛されている味噌の偉大さを感じ、
味噌づくり の良さ、楽しさを理解できるのだと思います。
親と一緒に味噌をつくった記憶がある子どもたち が、将来親になったとき、
味噌の偉大さをさらに深く感じると同時に、親(お母さん)のことを思い出す
きっかけになると思うのです。
味噌づくりを通して、そんな「心のふるさと」を残すことが、
自分にできることだと考えています。
味噌がスゴイのは、日本文化や健康を考えるきっかけになりえるということ。
味噌づくりを通して、 そんなきっかけづくりの種まきができたらいいなと 思っています。

Q:今後の活動について

もっともっとたくさんの皆さんに「楽しい味噌づくり」を伝えたいです。
これは「Doみそくらぶ」 発足時から変わらない思いですが、皆さんと一緒に
「簡単、楽しい、おいしい発酵ライフ」を追求していきたいという思いは、より強まっています。
味噌を食べる人がどんどん減っている現代。
日本の食文化も随分変わってきています。
味噌の美味しさはもちろん、味噌づくりはとても楽しいことだと伝えることが大事で、
それは食の再建にもなることだと考えています。
本当にもったいないと思うのは、 「味噌づくりは大変」というイメージだけで、
つくらないでいる人があまりに多いこと。
私にできるのは、いつでも誰でも、気軽に参加できる環境をつくること。
味噌づくり教室に来たら、 なぜか楽しくて笑顔になれちゃう…。
そんな拠点を目指して、これからも自宅から、地域から、
がんばって発信し続けていきたいと思います。

 

<取材後記>

実は、みその先生にはじめてお会いしたのは、 5年前。
第一印象は「なんて元気な人なんだろう!」。
それが数年経った今も、変わらないどころか、
何倍もにパワーアップしているのは、まさに味噌力ゆえなのでしょうか?
いつもパワフルで、お会いすると一瞬でこちらが元気をもらえます。
きっと、各家庭で、お母さんが味噌をつくっていた時代は、
味噌づくりだけではなく、生き方すべてが、母から子へ、子から孫へと
伝承されてい たのでしょう。
そんな「お母さん」のパワーを、 みその先生から感じました。
元気とパワーがもら える「楽しみそ」、おすすめです!   (杉本真美)

(静岡版Vol.32 2018年6月号掲載)

ABOUTこの記事をかいた人

杉本真美

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。