お母さん業界新聞横浜版3月1日号ちょこっと紹介

出会いと別れの季節。
桜の花開く日も待ちきれない。
ウキウキ気分がなんともたまらない3月。

そんな気持ちを表現しているかのような、
ピンク色の「お母さん業界新聞」というタイトル。

日本全国が様々な騒動に何やら揺れておりますが、
お母さんたち、たくさんの笑顔で過ごしましょう。

【表紙】
・アート&デザインの街、ポートサイド地区での撮影
・モデルに挑戦してくれたのは、MJ記者の清水彩子さん

あなたもお子さんと一緒に横浜版の表紙を飾ってみませんか?

【コンテンツ】
・特集 わが子を見つめる5分間 「母時間」

子どもを見つめるだけで、何が変わるのか?
母と子の5分間が持つ意味とは・・・?

地域の防犯を考える~子どもと街を歩いてみよう~
(協力:神奈川県警察本部)
パパスタイル「父として、シンガーとして」
ママスマイルリンク「こどもの本のみせ ともだち」
・お母さんたちに聞いた「卒業の思い出」

8ページのハ・ハ・コ・ミ NEWS には、
お母さんたちの心に響く映画を2本ご紹介。

・キニナルCINEMA 「いただきます ここは、発酵の楽園」「ママをやめてもいいですか!?」

★なお、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、新聞に掲載中の
イベントの延期や中止、スポットの休園、休所がございますため、
お出かけの際は、必ず各自でご確認いただきますよう、お願い申し上げます。

*お母さん大学 詳しくはコチラ

*メール版 詳しくはコチラ

(お母さん業界新聞横浜版編集長 植地宏美)

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

2019.10月創刊、横浜版編集長。新米だからこそ怖いものなし! 3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。