セミの鳴き声

蝉時雨木々ふるはせて光堂(平畑静塔)。

 

懸命に鳴き続けるのは、

新たな命をつなぐオスの求愛行動であるがゆえ。

 

成虫になり1週間程度でその生涯を閉じるセミの一生は、

儚さの代名詞として使われる。

 

だが「セミの寿命1週間は俗説!」の文字が新聞やネットをにぎわせたのは2016年。

 

岡山県立高校3年生だった植松蒼さんは、多種類のセミ863匹にマーキングし、15匹を再捕獲。

最長のアブラゼミで32日間生存することを突き止めた。

 

昆虫に興味を持ったのは小学1年生のとき。

 

研究のきっかけは

「1週間しか生きられないのに、夏の間に死骸を見かけることが少ないのはなぜ?」

という素朴な疑問からだった。

 

情報社会では批判的思考(クリティカル・シンキング)が必要であり、

まずは疑問を持ち、じっくりと考察した上で結論を出すこと。

 

好奇心こそが学びの最大の原動力であると知る。

夏休みを好機にしたい。

 

(苺一絵 2020年8月号)

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。