とりあえず、なんでもやってみる

皆さんは、何を考え、何を思って、日々を楽しんでいますか?

私はいろいろ考えすぎて、何から手をつけていいのかわかりません(笑)。
でもとりあえず、「なんでも自分でやってみる!」この精神で、毎日を楽しんでいます。

数年前、「誕生日に何か欲しい物ない?」と妻に聞かれました。
そのとき欲しかったのはミシンでした。

昔、洋服屋で働いていたこともあり、ジーンズの裾上げが得意です。
ミシンがあれば、子どもたちの裾上げや私自身の洋服をリペアすることができます。
つい最近は、お気に入りのGジャンの襟がボロボロになったので、解体してリペアしました。
本当に、ミシンは便利ですよ。

とりあえず、なんでもやってみる私。
壊れて動かなくなった玩具もバラバラにして、どこが壊れているのかを確認し、
「はんだごて」や「瞬間接着剤」を使って直します。

そんなことをしていると、子どもたちが「なんしよーと?」「これ直ると?」と興味を持ち、覗きに来ます。
子どもたちにも「なんでも自分でやってみる!」の精神を伝えたく、私自身がチャレンジをしています。

最近では幼稚園のおやじの会で「おやじの会Tシャツ」をつくろうという話になりました。
勘がいい方はお気づきかと思います(笑)。
「Tシャツのプリントも、自分でできるんじゃない!?」と挑戦してみることにしました。

いつからあるのか知りませんが、Tシャツ用のプリントキットが売っているんですね!
バッチリ仕上がったので、次は、子どもたちの好きな柄をプリントしてみようと考え中です。

(古賀 裕也)


(お母さん業界新聞ちっご版Vol.61 2020年3月号 3面 リレーコラム こんにちは お父さんです!)

ABOUTこの記事をかいた人

安達真依

お母さん大学久留米の事務局長☆あだっちゃんです。 旦那さんの実家に完全同居。 嫁姑問題に立ち向かいながら、同居のいいとこ探します。 元気もりもりな5歳7歳9歳の息子3人と体力勝負の毎日です。 #同居嫁、#年の差婚、#男児3人、#不登校、#PTA役員、#保育園、