お母さん1年生。コロナ禍、予想もしない年でお母さんの心も大きくゆれる/ちっご版10月号表紙掲載 そのまんま家族

お母さんにしてくれてありがとう/ちっご版10月号表紙 そのまんま家族

京都から久留米に嫁いで8年、
初めてJR久留米駅(写真)の看板を見たとき、
「あぁ、私はこの町に住むのね」と思った。

去年の10月に女の子を出産し、母となった。

だが、その後は予想もしない一年に。

異常気象による自然災害に新型コロナウイルスの感染拡大。
物騒な事件も多く、いじめや虐待など、子どもをめぐる問題も後を絶たない…。

娘の産声を聞き、幸せで心が満タンになったと思ったら、
たちまち「いつ何が起きるかわからない。この子に何かあったらどうしよう。
私は母親として娘をちゃんと守れるだろうか?」と、不安がどんどん押し寄せてきた。

でも、ずーっと家に閉じ込めて、私が守り続けることは不可能だ。

じゃあ、何ができる?

将来起こりうる危険をぜんぶ私が取り除くのではなく、
どんなことがあっても自分で乗り越えていける、強くたくましい子どもに育てよう。

『ともだち讃歌』という歌を、よくうたって聞かせている。
「世界のともだち あつまれば なんにもおそれる ことはない」。

どんなときも、どんな人とでも仲間になり、力強く生きていく。

そんな大切な未来の人材を、私は育てさせていただいている。

時には心に余裕がなく、イライラするときもある。

そんなときは、あえて語りかける。

「私のところにやってきてくれてありがとう。私をお母さんにしてくれて、本当にありがとう」。

(文 吉田 睦)

お母さん業界新聞ちっご版2020年10月号 表紙 「そのまんま家族」



画像 photo:秋山フトシ place: JR久留米駅(久留米市)

■お母さん大学 詳しくはコチラ

■メール版 詳しくはコチラ

◆お母さん大学へ入学して、私も記事を書く! 詳しくはコチラ

 

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪