新しいシンボル、国産初の連節バス

横浜駅東口から山下ふ頭までの主要な施設を結ぶ連節バス「BAYSIDEBLUE」。
横浜の新たなシンボルに乗って、市内の魅力を再発見!
磯子区にある横浜市電保存館では、土日祝限定のバスフォトスポットとなるオープンデッキを新設。
隣接の市営バス滝頭営業所に停車中のバスが眺め放題。
バスマニアにはたまらない。

(お母さん業界新聞横浜版10月号 ハ・ハ・コ・ミ NEWS より)
横浜版1周年を記念して「YOKOHAMA BLUE」を特集!


©️横浜市交通局

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。