病気やうつを乗り越えて/ちっご版1月号 そのまんま家族

ちっご版2021年1月号表紙は
大牟田の諏訪公園で撮影してきました(^^)/

いつもは、親子でいっぱいなので、
遊んでいるところを邪魔してしまわないかなと心配でしたが、

スタッフの日頃の行いがいいせいか(笑)、
天が味方してくれ、ほぼ貸し切り状態で、
ゆっくり楓くんのペースにあわせて撮影することができました。

実は、ちょうどこの撮影日の1月ほど前、
イヤイヤ期が大変!!という山下恵美さんのSOSを聞いた、
安藤裕子さんが、「皆さんの出番です。3歳超絶イヤイヤ期」という記事を投稿。

自分たちも経験してきたことだからこそ、思いもひとしおで
全国のお母さん大学生がたーくさんのコメントをしました。

その時のことを恵美さんが、

これまでつらかったこともあった。
今も大変なこともある。

けれど、なによりもお母さんたちの
「わかる、わかる」「こうしたらいいよ」「大丈夫」という
共感の言葉に助けられたと下記の記事に書いています。

これからも共感の心が一人でも多くのお母さんに届きますように。

  37歳の時、子宮の病気が見つかり、精密検査が2年にわたり続いた。
心身ともに疲れ果て、夫に相談をして子どもをあきらめ、手術を決断。
その矢先、妊娠が判明。望んでいたことだったが、戸惑いも大きかった。

40歳で無事に出産。うれしい反面、困ったときに周囲に頼るすべがわからず、息子を抱いたまま何度も泣いた。皆が幸せそうに見える親子イベントには、怖くて行くことができなかった。

そうしているうちに、産後うつになっていた。こんな弱い母でいいのか…。
自分を受け入れるまでに時間がかかった。

今も悩みは尽きない。夫との考え方の違いや、
日常のささいな言葉のやり取りに落ち込むこともある。

さらにイヤイヤ期の息子は、一度ヘソを曲げると、あの手この手であやしても、どれも逆効果。

ほとほと困り、相談をしたのが一人のお母さん大学生だった。

すると、その人を通じて全国のお母さんから、「わかるわかる、私も泣いたよ」と
リアルな経験談とメッセージがたくさん届いた。

思いがけない、数々の言葉が心に響き、少しずつ気持ちが楽になっていった。

話を聞き共感してくれること、同じ経験を語ってくれる仲間がいること。
それがどれほど大切なのか、身をもってわかった。

いつか私の経験も、どこかで悩んでいるお母さんの心に響くといいな。
(山下恵美)

■メール版 詳しくはコチラ
◆お母さん大学へ入学して、私も記事を書く! 
詳しくはコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

池田彩

お母さん業界新聞ちっご版編集長。3児の母。MJプロ 「私がペンを持って」 ・日々いろんなことがあるけれど、すべてが宝物になりました! ・お母さんっていいなぁ、スゴイナと感じる力が強くなりました♪