皆さんの出番です。【3歳超絶イヤイヤ期】

こんばんは。

大好きな大好きな友だちが困ってます。

良かったらみなさんの意見、友だちに届けたいので経験談を共有してもらえたら、

泣けるぐらい嬉しいです。

 

いま3歳男子を子育て中。

一回何かのタイミングでヘソが曲がると、、

まーーひどいらしいです(T . T)

1時間ぐらいは何をしても何を伝えても、彼の耳には入りません。

それが毎日毎日継続すると、

そのお母さんの心にも鬱鬱と。。。

暗雲が立ち込める。。。

いつもは温和なお母さんが手を出してしまうこともある。

今日はあちこち行政をウロウロ。

だけど相談してみてわかったのは、、

「その年齢ならそうですもんねー。」という、んー?な返事。

みんなにお願いです。

失敗談でも良い。

成功談でも良い。

だけどいまの状況を打破したい。

ただそれだけなんです。

経験談がきっと彼女の力になる。

わたしはそう信じています。

どうぞよろしくお願いします!

18 件のコメント

  • 大変ですよね。

    うちも毎日ではありませんが、2から3才頃、眠いとダメで1時間以上手がつけられない、泣き続けることがよくありました。

    ↓そのうちの、うまく放っといた・対処できた日の記事がこのリンク記事内下のほうに貼ってあります(ご参考に)。
    危険にだけ注意して放っておくことができると、娘がおさまるのも早かったと思います(毎回は無理で衝突もよくしてました(^^;)。
    https://www.okaasan.net/hahagokoro/59503/

    そんな余裕ない!と言われそうですが、1、2週間だけ観察記録をつけてみるのはどうでしょうか?

    何時頃か
    その前はどう過ごしたか

    実際に起きたことと、お母さんの予測や対応策をわけて記録するといいかもしれません。

    例えば、
    ・夕飯前が多い→お腹が空いているかもしれない
    ・甘いおやつを食べた後が多い→血糖値がコントロールできてないのかもしれない
    ※子どもの低血糖についてのお医者さんの解説→https://iko-yo.net/articles/3329
    ・夕飯後→眠いのかもしれない

    みたいな感じで、観察していくとパターンが読めるかもしれないです。

    あとは毎回じゃなくて、自分ができそうな時だけで良いので写真撮りまくるとか。
    すくすく子育てでも紹介されていた方法ですし私もやってました。
    泣かれたりわめかれたりすると頭に血が上ってましたが、写真にすることでだんだん笑えてきました。

    うまくパターンが見つかるか、起きた時に一歩引いた目線が持てるようになるといいですね。

    • 友だちから返信です。
      ↓↓↓

      貴重な経験談をありがとうございます。観察記録は思い付きませんでした❗分析してみるのいいかもしれないですね。出来るときは、その日夜寝たあとにどんなタイミングで始まったか、どんなことで落ち着いたか記録してみます。そして、血糖値も関係するなんて、理屈が通ってて凄いと感激しました❗おやつ前なのかあとなのか?お昼寝前なのかあとなのか?確認してみます。それだけでも冷静に対処できる自分でもいれるなと感じました。
      イヤイヤその時の理由なんて息子の気分だから正解は分からないかもしれなけど、いまを困ってる私からしたら何とかハッキリした理由が見つかるだけで、ホッと出来るかもと思えました。
      昨日の原因がモヤモヤしたまま、また今日のイヤイヤ時間を迎えるより、ちょっと分析しながら対応して反応が良かったらきっと明日のイヤイヤ時間の自信に繋がるかもですね。
      本当に頭脳的なアイデアをありがとうございます❗

    • さちえさん
      いつもいつも本当にありがとう。
      写真、観察、日記にする、
      本当にお母さん大学生がやっていることで、
      わたしも気持ちが楽になってきたんだなぁと、
      さちえさんのコメントで気付かされました。
      ありがとう。
      また友だちからも返信きたら、アップしますね!

  • こんばんは!
    家の息子、今5才は、3才頃までは私の話を良く聞いて素直でした。でも、元気で家では煮詰まりそうで毎日子育て支援センターに行き、他のおかあさんと話をしたり、に相談していました。悩みがあり、保健センターで、個人面談をしてくれ、養育支援として毎週家に来てもらっていました。何気ない話を聞いて もらったり、子どもと私と一緒に遊んでくれる時間が毎週あるのが心の支えでした。

    また、息子との生活で、精神的に大変な時とかは、散歩していました。外の空気に触れて一緒に過ごすと、私も息子も、いい気分転換になりました。

    たまにですが、息子とパンとかを食べに喫茶店にいったりしました。

    おかあさんのやりたいことを、普段子育てで出来ていないことがあれば、それをしたら、気分転換に、なるかな。私は、子どもが寝ているときに、お茶を飲んで大好きなお菓子をこっそり食べたりして気分転換していました。

    アロマ精油で、イライラを少なくしようとラベンダーを嗅いだり、オレンジの精油は元気になるので、1滴ハンカチにたらして芳香浴しました。

    わたしも、思い出すと、子育てにけっこう疲れて大変だったと思いだしました。

    お友達のお母さんに、元気になって欲しいです。☺️

    • 青島さん!
      素敵な経験談を本当にありがとうございます
      心から感謝しています。
      以下に友だちから青島さんへの返信メッセージが届きましたので、
      良かったら読まれてくださいね。

      ↓↓↓

      お二人目のママさんへ✉

      貴重な経験談をありがとうございます。うちの息子も3歳になる1ヶ月前までは、私が3秒いないと「ママ~」と叫んで私にべったりな甘えん坊さんで、このまま激しいイヤイヤ期はないのかなぁと思っていたのですが。3歳の誕生日を期に、パパと二人で留守番したり、私の弟家族と虫取に出かけたり。私のいない時間を過ごせる時間が少しずつ増えてきり。今年の6月から幼稚園に通い始めて3ヶ月たったのでママがいない時間も慣れてきたかなと感じていた矢先です。やっぱり、淋しい気持ちや、ママがいなくて一人で頑張ってた気持ちが爆発して甘えたいのかな。
      帰って来てからの時間が大変になってきました。ちょっとしたことがきっかけでグズグズが始まり「抱っこ、抱っこしない。あっち行く、そっちじゃない」と1時間以上も癇癪を回します。場所を変えたり、気分を変えることを提案しても全てイヤ!これが毎日なので困り果てていました。特に二人きりの時に始まると私自身がパニックになりその時間の記憶が曖昧です。そこで勇気を出して幼稚園や市役所に駆け寄ったのですが、しっくりくる答えを聞けず残念に思っていました。

      でも、今回のリアルな経験談とメッセージを読んで少し光が見えてきました!私も昨日、保健センターで心理士の個人面談を予約してきたのですが、養育支援は知りませんでした。調べてみます!

      それと「息子とお二人デート作戦」やってみます!幼稚園頑張ったご褒美にコンビニでお菓子を買う以外の楽しみを探していたので。喫茶店でお茶してみるっていいですね。きっと息子も喜びます!私も随分としてきてないし、もぅ3歳だから一緒に出来ることに目を向けてみます。

      最後に、具体的なアイデアを色々教えてくださってありがとうございます!早速できそうなので、今日の幼稚園お迎えが楽しみになりました。

  • うちは今考えるとそんなに大変ではない子だったと思うけど、
    3歳、下の子が生まれて私が情緒不安定で、
    3歳の子のやることにいちいちぴりついていたのを思い出す。

    今考えると、というのは、3歳からすでに5年経っているということ。
    5年経つと3歳という生き物が幼くてかわいいからそう思えるということ。

    上の子が3歳はお母さんも3歳ってことで、その頃はお母さんである私も精一杯だった。
    今考えるとあんなにぴりつかなくても。。。なんだけど、あの頃はそれが現実で、とにかく泣いてた、私。

    3歳じゃないときやけど、子どもがそうくるならお母さんはこう出るよ!!って
    知らんぷりしたりザラです。
    私ら親子では、口では「先に言動がお兄さんお姉さんになった方がいいよ」と言いつつ、
    結局はとことん子どもになった方が勝ちなとこある(笑)

    あとはね、「○○の中に怒りんぼがおるとやろ?追い出してやる!!」と言って、めちゃくちゃこちょぐって
    悶絶して笑うまでやったりしてる。

    あ~でも、ゆうちゃんのお友達の力にはなれそうにないね、ごめん。

    ただね~、そのお友達、ありがたいよ~~
    彼女の今の経験が誰かを救うんだから、
    とはいえ、今が彼女にとって大変なんだけど、きっと誰かが彼女の助けを待ってるんだよね。
    身をもって体験してくれてありがとう。
    大変でそれどころじゃないけど、私からは感謝しかない。

    • なおちゃん‼️本当に本当に本当にありがとう!

      以下に友だちから返信が来ていますー⭐️
      本当にありがとう。

      ↓↓↓

      貴重な経験談をありがとうございます。そうですよね、私もまだ三年目の3歳ママだ。だから、3歳の息子が小さなきっかけでイヤイヤ始まり癇癪を回しても。どうしてあげたらいいのか、3歳ママには分からないよぉーでいいんだと思えました。幼稚園に行く前のグズグズなら理由がわかってるから、あと何日こんな姿を見れるかなと動画に撮る余裕かあり、可愛いと思えるけど。
      最近は突然のグズグズが一時間以上続き、同意しても駄目、目線を変えたこと言っても駄目の連続で手が付けられないほどです。二人きりだと私自身その時間の記憶がなくなるほど気持ちがパニックになり衝動的に叩いてしまったこともあります。そして、あとから冷静になり衝動的に叩いてしまったことが怖くなります。私は虐待してるのか?何て意地悪で醜い母親なんだろうと落ち込んでいました。それで、幼稚園にも相談したし、市役所に行って泣いて相談したのですが、共感されたあとにこの時期は皆さんそうですょね~大変ですよね~またいつでもお話に来てくださいね。でおしまいで…勇気を出して駆け寄ったのに、残念だなと帰宅したところでした。

      でも、今回のリアルな経験談とメッセージを読んで、3歳の可愛いい行動なんだと改めて見てみようと思う気持ちが芽生えました!それと「こちょこちょ作戦」やってみます!

      最後に、私の今の経験が次の誰かを助けるためだと教えてくださってありがとうございます!今日という日が楽しみになりました。

      • 返信、ありがとうございます。

        思い出しました。スキンシップをたくさん、なでなで、抱きしめる、足の裏マッサージをすると、気持ち良くてうれしくて家の子どもは落ちつきます。「生まれてきてくれてありがとう。大好きだよ」と静かに言うとよく聞いています。
        心配事があったとき、担任、副担任、主任、副園長先生、子育て支援センターの先生、色々な人に個人面談を申し入れ、相談しました。お願い、相談があります、と言うとなんとか時間をとってくれました。
        聞いてほしいことは、ささやき声で言うと、なにかな?と思って子どもは近づいて聞く、と副園長先生に教わりました。

        午後から寝る前までの過ごし方で、わたしも、イライラしがちなので、散歩をできるだけしていました。
        息子は乗り物が好きなので、幼稚園帰りにわざわざ電車が見えるところを通ったりすると喜びました。近くの工場現場とか、工場車両を見ると気分転換になりました。
        電車や貨物列車の運転手さん、バスの運転手さん、パトカーの運転手さん、トラックの運転手さん、に散歩しながら手を振ると子どもには、みんな優しい。
        汽笛を、ならしてくれたり、手を振ってくれたりしてくれる人が多いです。
        ひとりで子育てしているように感じていたのを、応援されているようで嬉しかったです。

  • このマタニティフォト、、下の子ご出産されたのかな?
    おめでとうございます(^^)
    うちは長男の時は3歳の時は、次男を妊娠中だったのもありとにかくしんどかった記憶が。
    一番しんどかったのは、こだわりがとにかく強くて、車に乗るときに運転席でハンドルをさわって遊んでからでないと、チャイルドシートに乗ってくれなくて。もしもそれをしないと、暴れてチャイルドシートからお地層になるので、30雰囲気は我慢、、結果車に乗り降りするたびにこの時間がとられて、ちょっとの買い物でも何時間もかかってしまったり。

    ショッピングセンターに行こうもんなら、カートにしがみつき離れないし。。タイヤのついたものに、とにかく異常にしゅうちゃくしてました。

    もう、泣かれるのもしんどくて、諦めて本人がいいって言うまで付き合ってました。向き合うというか諦めでした。

    でもそういえば、次男が3歳の時、そういえば三男坊出産直後で。しかも長男が小学校入学で、次男も追いやるように幼稚園に行かせだしたばかりでしたが、次男はほんとに楽な3歳でした。幼稚園も泣きもせずすんなりでしたし、三男坊にかかりっきりでもヤキモチも焼かず。

    あ〜なんて楽な子なの!
    って思ってたら、長男が小学校に慣れ、三男坊がよく寝るように落ちついてきたら、ちゃあんと思いっきり赤ちゃん返り(笑

    ちょっと私が離れただけでギャーギャー泣き、ちょっと気に入らないと癇癪を起こして泣き叫ぶ、、なんなんだ?!と思っていたらその時に聞いた言葉は「子どもはちゃんとお母さんが大丈夫な時に手がかかる事をする」と言う言葉でした。

    確かに、長男の時そんなできたのも、妊娠中で予定を詰めなくていい状況だったりしたからなんですよね。そして次男の時もある意味大丈夫なタイミングだったし、、。

    それを聞いて、あ、そうだったかも〜と思いました。
    でもその言葉を聞いて入ったのは、次男のギャーギャーの時だったからだと思います。長男の時だったら、きっとスッと入らなかった。。

    お母さんにも、アドバイスやそういった周りの言葉が入るタイミングがあるんだと思います。だからきっとお友だちさんも、このタイミングだからこそ、心に入る何かがきっとあるはずと信じています(*^^*)

    そんな私も、これから三男坊がもうスグ3歳、色々と思い出させてもらえました、ちょっと覚悟しなきゃ、なんて(^_^;)

    その時はお母さんもひっくり返りたくなるくらいに大変だけど、それも気付けば落ちついてしまって、今では長男は私よりも落ちついているんだから不思議なものです笑。

    たくさんしっかりと、大変だ!!と周りにヘルプを出してください、きっとステキな方が周りにたくさんいらっしゃると思います。大変な時に助けてくれた出会ってくれた方は、これからの宝物になるはずです。

    長文で読みにくくてごめんなさい(^_^;)
    全国のお母さんが応援しています!!!

    • 福ちゃん、いつもありがとう!
      この写真はね、聖子ちゃんが描いてくれた、また別のお友だちのマタニティフォトなの!
      関係ないのをすいません

      友だちから返信です!
      ↓↓↓

      貴重な経験談をありがとうございます。「こだわり」分かります❗うちの息子も「トイ・ストーリー」の映画と「お気に入りのTシャツ」がきっかけで癇癪が始まることがある!と気づきました(exclamation)
      そうですよね、とことん付き合ってみるのもいいですね。いつも私時間と戦ってイヤイヤされると時計や大人の都合に目を向けていたり、周りに迷惑かけないようにと気にしていました。
      もっとイヤイヤの息子へ心をよせてみます!トイ・ストーリー見ながら寝るのは、教育上良くないかもと思ってましたが、いましたいことにこだわってる時期なんだと切り替えてみます。お気に入りのTシャツも寝るときに来て、そのまま幼稚園に着て行くと言うのを、駄目だと言ってましたが、大好きだもんね。と着せてみようと思います。
      彼の主張に同感して乗っかってみようと思えました。
      きっと一人っ子でいま「お母さんが大丈夫だから」僕だけを見てと言ってるんですね。
      いま、私が周りの声が聞こえてきたタイミングのように、彼にもイヤイヤをコントロールできるタイミングがくることを願ってみます。本当にありがとうございます❗

  • 安藤さん。

    いい企画ですね。
    お母さん大学のお母さんたちの「わかる、わかる」「こうしたらいいよ」「大丈夫」・・・
    みんなのココロに包まれたら、お友だちも、心が落ち着くと思います。
    大変な時期、みんな通る道だけど、しんどいよね。

    打破しようと思わなくて、台風が去る日を待つ。
    お産も逃れられないように、人生には、そんなときがだれにもあります。

    この場のみんなのアドバイスから、ひとつでも、お友だちのココロに響く言葉がありますように!

  • わかる!わかる!わかります!
    長男が3歳を迎える時に、次男が生まれたので、私も必死でした。
    年齢もそうだし、赤ちゃん返りだね。って周りに言われると、そんなのわかってるし、自分がダメな母と言われているようでとっても辛かったんです。
    一緒に泣いたし、イライラもしたし…
    具体的に何をしたかといえば…
    ほんの少しその空間から離れて深呼吸してました。
    ベランダでも窓を開けて空気を吸ってました。
    その場をなんとかやり過ごすしかなくて。。
    今日も生きていられた。なんて思っていました。

    でも一番は話を聞いてくれる存在が必要だと思ってます。
    泣きたくなったら、泣いていいし、イライラしたっていい。.
    大変だよね。うんうん。って聞いてくれる存在がどれだけ救われるか。まるっと受け入れてくれる安藤さんのような人を沢山頼って!
    私も飛んで行って助けに行きたいくらいです。

  • そういえば、
    長男が3歳の時、
    (2月生まれなのでもう年少さんでしたが)
    癇癪がひどくて、もうワケわからなくて疲れ果ててた時、
    「大変だよねえ」って言ってくれる人がいなくて辛かったなあ。
    なんやかんやアドバイスとかしてくる人はいくらでもいるんです。
    だけど、そんなの頭ではわかってて。
    でもうまくいかない、アドバイス通りにやる余裕がない、
    まさに、「途方に暮れる」状態でした。
    私も、長男は第1子で、何もかもが初めてでわからなくて、
    とにかくもがいてもがいて必死だったんだと思います。
    けど、いま、次男がもうすぐ3歳。
    すでにかなりの頑固者で手がかかりますが、
    長男の時と比べて変わったことは、
    「とにかく無理しない」ようにしたこと。
    無理に出歩かない。無理にやらない。
    もちろん、やらないといけないことや行かないといけないところは仕方ないですが、
    それ以外は、とにかく無理しない。
    育児サークルとか、長男の時は頑張って行ってたけど、
    今は「本人が行きたくないと泣くので無理でーす」って感じで行ってないです。

    そしてやはり今、以前と大きく違うのは、
    「大変だよねえ」と共感してくれる人がたくさんいること。
    私自身、ここにあるたくさんのコメント見てあらためて救われました。
    行政の相談窓口も、はっきりいってあんまり頼りにならないですよね。
    当たり障りない受け答えすぎて・・・

  • 私は自分の子にそんなにイヤイヤ期を意識したことがなかったけど、姪っ子は泣くと1時間とか泣いてたかも。
    何してもダメでしたけどね、その時期を超えたらとてもいい子だったし、今は真面目で優等生な高校生になりましたよ。

    その子とそのお母さんの組み合わせは世界に一つしかないから、
    他の誰の経験も合わないかもしれない。
    正解は、そのお母さんが導き出すしかないですもんね。

    ここにおいで〜♪って言っておいてください!
    そうしたら、みんなで一緒に悩めるもの。

  • うちの娘は3歳9ヶ月、ようやくイヤイヤ期を脱してきました。なので、お友達の気持ちが分かりすぎて、何から書いたらいいか分からないくらいです。
    娘も泣いて泣いて泣き止まなくて、私も最初こそ寄り添えても、ずっと続くイヤイヤ泣きに、怒鳴って泣いて、子どもに怒鳴る自分のことまで嫌になってました。お尻を叩いたこともありました。。今考えると恐ろしいです。
    そして同じく区の家庭支援課に相談に行きました。娘を保育園に預けて、息子を抱っこしたまま2時間。そこで出会った方がとても親身になってくれ、そこで泣いて泣いて、自分の経験談や色んな打開策を教えてもらいスッキリして帰宅しました。(私には回答が難しいと途中で若手の方から、子育て経験の女性係長が登場してくれて救われました)
    保育園もなく、毎日育児されてる方、本当にすごいなと思います。
    そして、そこで教えてもらって我が家に効果あったのが、まず離れることでした。
    皆さんも書かれていますが、子どもを安全な部屋に入れ、母はその場から離れて少し冷静になること。我が家では、娘を寝室(娘の大好きな毛布を抱っこさせ)に連れて行き、私が部屋を出ます。置いていかれた娘は「ママーママー」と泣きますが、ここで戻ってはまた同じと自分に言い聞かせて。離れて声が聞こえない状況になると、急に心配になってきます。どうしても嫌だったんだよな、落ち着いたかな、大丈夫かなと。怒りが収まってきたところで寝室に戻ります。すると、泣き疲れて寝ていることもあるし、起きて泣いていてもこちらが冷静な分、ゆっくり抱っこしてあげられます。
    やっぱり抱っこは最強で、そのうち娘も落ち着いていきました。
    後は、他の方と同じく、スマホで動画を撮る!画面越しだと少し冷静になれます。余裕のある時は、「今日は〇〇が嫌で泣いています」と実況付きで。酷かもしれないですが、怒鳴るより、手をあげるよりもマシなはずです。
    止まない雨はない!頑張ってください!きっと子育てにゴールはないんだと思いますが、ひとまずイヤイヤ期のゴールらしきものはありました。
    相談に乗ってもらえて、真剣に悩んでくれる友人がいて幸せですね。それだけできっととても救われていると思います。
    思いが溢れて長くなりました。。

  • 2歳半~4歳まで、いやいや期と赤ちゃん返りで、私たち中村家のみならず、幼稚園に名を遺す程、暴れまくった現在11歳の長女より、下記回答承りました(笑)(性格上?べらぼう口調ですが、そのまんま記しますことを、お許しください)

    『はぁー??そりゃあんた、お母さんに可愛がってもらいたくって仕方ないに決まっとるやん!!まずはね、まずは!何をするにも、【1番】にしてあげて。服を着せるのも、ご飯出すのも、よしよしするのも、全部1番にしてほしいんよ。とにかく、可愛がってもらいたいんよ!お母さんを独り占めしたいとかじゃない。妹ができて嬉しかったし、それで、独り占めできんことくらい分かってるし(ほんとか?)、でも、1番が!いいんよー。そのお母さん、絵本とか読んでるー?“ちょっとだけ”っていう絵本知ってるー?この絵本の通りよ。同じ感じなら、その絵本読んであげたら?(すんません。なんか上からで)

    あとね、『可愛がって!』って暴れよるんよー。まぁ、それで怒られるのは仕方ないとして『可愛がってるやん!』って、返されるのが、ほんと嫌やった。それで、また泣いた。『可愛がって!』って、暴れよるんやけん、『うんわかった!!』って、すぐぎゅーってしてよ!可愛がってるやんとか、大事にしとるよとか、言わんで!今、可愛がってないけん、可愛がってって言いよるんやろ?』

    はぁ( ̄▽ ̄;) 親の気持ちも知らないで、まぁ、好き勝手に申しておりますが。。。

    こんな長女は、5歳の年中になってからは、寂しいほど!?暴れなくなりました。3ヶ月に、一回ほど、ギャー!となると、『これこれ~!懐かしい!』と、幼稚園の先生たちに喜ばれたくらい。。

    そして、11歳になった今は、小5にしては、結構冷静なクール女子になっています。

    そのお友達さんも、可愛がっておられると思います。私は、長女に1番、心を使ってきたと思います。やっぱり、第一子は特別ですもん。
    今、お子さん3歳。うちの場合と同じようなことになったら、あと2年くらいは暴れ馬( ̄▽ ̄;)ウンザリと思われるかもしれませんが、長女が、暴れ馬だったお陰で、自分のこと以外でこんなにも心を使って、長女を理解したい、愛したいと思う自分になれました。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    安藤裕子

    直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)