オリジナル家具と木育ワークショップ

おもちゃのような、おしゃれでかわいいデザインが目を引く
「えて」のオリジナル収納家具。
地元静岡でつくられていると聞いて、「基地」におじゃましました。

子どもたちの笑顔をつくる家具メーカー「株式会社えて」。
「子ども家具」のジャンルがなかった時代に創業し、
昨年20周年を迎えた。
社名の「えて」には、みんなの「得手」を繋ぎ合わせ、
子どもたちの笑顔をもっと増やしていこう、という
思いが込められている。

「子どもたちと同じ心」でいることでつくり出される世界。
社長は「隊長」、会社は「基地」、カタログは「図鑑」と呼ぶなど
遊び心を大切にするユニークな会社。

メイン商品はロボット型木製収納「ロビット」。
子どもはお母さんにとってヒーロー。
そのヒーローの相棒にとロボット型になった。
ふるさと納税の返礼品に選ばれた、小型ながら実用性を備えた「PICO」、
時計付き卓上収納「TIMEロビット」、
おままごと感覚で収納する「れいぞうこ」など
ストーリーを持たせた多彩なラインナップ。
デザイン性とともにこだわったのは安全性。
部品も国内生産、角をなくした糸面細工や
手吹き塗装のハンドメイドが特徴だ。

一方で、えての独自事業として「木育ワークショップ」を展開。
県産杉材等を使って子どもたちがものづくりにチャレンジし、
達成感を味わうと同時に、次への意欲を生み出す機会に。
参加する家族にとっては、かけがえのない時間になっている。
今では子どもたちの笑顔だけでなく、
遊び心を忘れない大人や家族の笑顔へと広がっている。

オリジナル家具の製造販売とワークショップに共通しているのは
「ワクワクと笑顔づくり」。
ネット購入できるほか、
ワークショップや静岡基地見学も随時受付中。

株式会社えて 静岡基地
静岡市葵区羽鳥本町7-25
みんなの毎日をワクワクさせる えて静岡基地 (ete-box.com)

(MJ記者 田村由佳利)

お母さん業界新聞静岡版 2021年1月号 キニナル

ABOUTこの記事をかいた人

田村由佳利

静岡版編集長をしつつ、わたし版「PARASOL静岡版」を発行しています。 わが家の先生は、9歳と5歳の 女の子2人です。