お母さん業界新聞横浜版〜2021年2月号ちょこっと紹介

緊急事態宣言の続く中、2月に突入しました。
お母さん業界新聞横浜版、今月号も発行しました。

今月の表紙にチャレンジしてくれたのは、
昨年の春に、岩手県から横浜市に移住してきた母子。
お母さんだからこそ、子どもたちのために幸せになるんだと、勇気ある決断。
とても素敵な出会いでした。
ありがとうございました、アイス、美味しかったですね!

特別に餌やりを体験。
最初は大きな牛さんにドキドキしていた子どもたち。
撮影が終わる頃には「まだ帰りたくな〜い」と、楽しめた様子。
よかったよかった。

牛がいたずら、ペロリ!も!?

ソフトクリームとジェラートを一度に楽しめる。絶品!

撮影は、瀬谷区にあるオーガスタミルクファーム(相澤良牧場)にて。

【コンテンツ紹介】

●特集
悩んで、笑って、感じて 一人ひとりの母歴
「Sense of Mother」

・もっともっと、フツーのお母さんを目指そう!
「МJプロ養成講座の向こう側」

・パパスタイル/ミツバチが運んでくる、ハチミツとわが子の笑顔

・編集長のYOKOHAMAさんぽ「扉の向こうに、きっとある光」

・お母さん記者の母ゴコロ

・お母さんに聞いた/わが子の、とっておきの一言

心を込めてつくっています。
お手にとって、お読みいただけますように。
そして、必要としている方に届けていただけますように。

■お母さん大学 詳しくはコチラ

■メール版 詳しくはコチラ

■横浜版入手先はコチラ
配布場所はお母さん記者が手配りしている一部の場所です。お住まいのお近くの場所をお教えしますので、ご連絡ください。

(お母さん業界新聞横浜版編集長 植地宏美)

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。