まだまだそばに

なんだか最近、私の動きを阻むモノがある。それは、8歳になる一人娘の手や足。

その手や足、私が家事などをし始めようと立とうとすると、かるーくだけど確実に私に乗ってきて、立てないようにしてくるのです。

ちょっと邪魔しないでと言いたいところだけど、いや、言っちゃってるけど、私の中の母心は気づいている。

小さい頃はやたらとくっついて過ごしていたのに、最近の母は、用件(宿題やった? 明日の準備は? など)を確認したら、さっさと自分のことばかりするようになっているものね。きっとそれにちょっと抵抗してるんだね。

何もしないでも、まだまだそばに座っていてほしいお年頃ということか。

これから先、つかず離れず、いいバランスを求められるのだろうけど、今しばらくはそっとそばに座る時間を増やしてみようかな。

松村宏美/松本市

(お母さん業界新聞201712/MJコーナー)