全国版新年号は特集2本立て!ユニークな先生、ユニークな家族をご紹介

<特集>
子どもの健康を守る、お母さんに知ってほしいこと

歯やアトピーの悩みは、骨格ファーストで

「歯のトラブルは、姿勢の悪さとかみしめが原因です」
出徹先生(井出デンタルクリニック院長)

 

 

 

 

 

 

「辛いかゆみには、体質改善と生活習慣の改善が大切です」
細野周作(細野クリニック院長)

 

 

 

 

 

 

むし歯になったら歯医者へ、腰痛になったら整形外科へ、アトピーになったら皮膚科へ。この常識に異を唱え、独自の治療を展開するユニークな先生に出会った。むし歯や口腔トラブル、アトピーや病気になりにくい子ども(の心と体)をつくるために、お母さんたちに知ってほしいこととは?


◎オンライン健康セミナーのお申込みは、info@30ans.com まで。

 

<新春特別企画>
 サバイバル登山家・服部文祥さん

「本気でやれば見えてくる
人生は面白いことだらけ」

食料や燃料を持たず、狩猟をしながら山に登る、サバイバル登山家の服部文祥さん。命に真摯に向き合いながら、とことん自分を追いつめてきた文祥さんが、子どもたちに伝えたいこととは何か?  横浜の住宅街にある服部家におじゃまして、山ヤとして、父親としての素顔に迫った。

サバイバル登山家の妻、イラストレーターの
服部小雪さんへも同時インタビュー

「ニワトリを卵から育て、シカ肉を唐揚げにする。

都会のサバイバル暮らしも、わるくない」

藤本裕子の百万母力コラム「地域がえほん畑になる日」

○苺一絵「食品ロスに挑むフードバンクの危機」

 

○パパスタイル

「子どもたちと田畑で遊び
育てた作物を食べて暮らす」

 

 

○新連載 地球家族/戸田愛

「お砂場セットを持って、
家族5人で世界一周!」

 

 

○がんばれ編集長!いちご藤枝版 /「ささやかな毎日を大切に過ごしたい!」青島綾乃
○本を読む時間『なぜ、親は「正しさ」を押しつけてしまうのか?』

映画「弁当の日」自主上映会のすすめ

○MJ30 お母さんの“悩み初め”大会「みんなで悩めば怖くない。輝かしい一年にするために」
「お悩み一品持ち寄り」母さんたちのオンライン新年会 参加者募集中
○子育てしやすさNo.1は福井県!(47都道府県別 生活意識調査2020)
○子どもの目線の先にあるものは?「かおTV」

○MJ(お母さん記者)が発信する母ゴコロ

「お母さんのお腹はキャンバス」

第4子の出産を控えています。コロナ禍での妊娠、自粛期間中のつわり…この時期の出産に、はじめは戸惑いと不安がありました。
でも子どもたちは、日に日に大きくなる私のお腹を見て「赤ちゃん楽しみ~」「名前何にする~?」「オレが抱っこしてあげる!」と楽しみにしています。
そんな姿を見て、先日思い立って、私のお腹に絵を描いてもらいました。俗にいうマタニティペイントです。
「この色はここ!」「ここにこれを描きたい」「ここをこんな風にしたかったのにー」っと想定内のケンカで押し合いへし合い。にぎやかなひとときでした。
にぎやかな声もお腹に届いていたのか、赤ちゃんもよく動いていて、お腹が変形するところも子どもたちは感じ、何回もお腹の赤ちゃんに話しかけていました。
私にとっても、子どもたちにとってもはじめてのマタニティペイント。子ども画伯たち、見事でした。(竹林光未/横須賀市)

 

「精一杯だったあの頃の私」

1歳になる息子を見ていると、娘が小さい頃のことを思い出す。5年前は、本当にいっぱいいっぱい。頭から神経質なオーラを出しまくり、緊張感が漂ってたと思う。ちょっとのことでイライラピリピリ。片付ける余裕もないので、いたずらやごはんで汚されることに常にムキーッと。ダメダメ言いまくって。
好奇心旺盛で元気あふれる娘。でも離乳食スタート時は食べないし、ミルクは飲まなくなるし、夜中も授乳で起きて疲れきっていた私は本当にしんどかった。
息子は同じく好奇心旺盛で元気あふれているけれど、お姉ちゃんという見本があるからか、たくさん食べるししっかり飲むし、最近は日中遊んでいれば夜中もほとんど起きない。私もいたずらやごはんで汚れても、「あら研究熱心だねぇ」と思って見ていることが多い。
今もいっぱいいっぱいになることもあるけれど、何か違う。主婦歴、母歴、妻歴、自分歴がそうさせるんだろうと成長した自分に拍手を送りつつ、娘に今のようにできていたら…と、後悔もよぎる。あのときの私はがんばっていたけれど、もっとおおらかにできていたら…と。
これからも息子が娘の通った道をたどるたび、後悔はしてしまうのかもしれないなぁ。(曽我幸恵/厚木市)

◎あなたもお母さん記者として発信してみませんか?
「お母さん業界新聞」の購読、「お母さん大学」への入学はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼編集部。お母さん業界新聞副編集長。みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引主任者。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。おっと、忘れちゃいけない大事な仕事が、藤本学長のツーヤクとカイゴ。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(27歳)。