9月16日は「マッチの日」

▼1948(昭和23)年9月16日、配給制だったマッチの自由販売が認められたことを記念し、「マッチの日」と制定された。

▼時は変わり、今では出番が少なくなったマッチ。先日蚊取り線香をつけようとしたら、家じゅう探してもマッチがない。マッチは買うものではなくもらうもの。喫茶店のマッチ収集も、今は昔。

▼小学校時代、感想文は「マッチ売りの少女」、ポスターは「火の用心」と相場は決まっていたし、お店で料理を待つ時間は、マッチ棒クイズやマッチの手品に興じたもの。

▼専売公社を知らない人の多くは禁煙派。IHはガスを超す勢い。公園では花火も焚火も禁止。火を知らずに育った子どもは、ボッと点火する感覚も、硫黄が燃える匂いも知らない。

▼昨年の「イマドキ小学生の生活体験に関する調査」(象印マホービン)では「マッチで火をつけることができない」が82%。今年度からマッチ、缶切り、ダイヤル電話がロストテクノロジー枠入りした。

▼明治時代、火打石が消えてマッチが広がったように、今はマッチに代わりライターがある。変化を享受することも必要か。

▼9月は防災月間。「マッチ1本火事の元」だ。

(苺一絵/2016.9/Vol.99)

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。一般社団法人みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(28歳)。