表紙撮影こぼれ話〜横浜ランドマーク〜

ランドマークプラザのツリーは、毎年誰もが楽しみにしている横浜の風物詩。
2020年12月号は、そのツリーの前での撮影が叶いました。

撮影当日。
普段は、いつもの母子の雰囲気で、と服装もなるべくナチュラルに撮影するところ、
今回は「ちょっとだけ、オシャレしちゃいましょう!」と、無理をお願いしました。
だって、せっかくのツリーの前ですから。

まだ店舗がオープン前の撮影だったので、人通りも少ない。
大きなキラキラのツリーの下、ウキウキで撮影が始まりました。

ところが、テンションが上がるのは子どもたちだって同じ!
ちょっといつもと違う場所だし、お母さんも綺麗なお洋服着ている。
「ここに立ってね」、「これ持ってね」なんて、いろいろ注文してくる人がいて、
大きなカメラでパシャパシャされて。

とうとう弟くんは走り出してしまいました!
ツリーの周りをぐるぐる何度も何度も。

そんな一瞬が、今月号の表紙。
見よ!この疾走感!
おかげさまで、楽しい、とてもいい表紙になりました。

そして、この日の影の功労者、それは、、、

お父さん!

何と、お仕事をお休みして撮影に一緒に来てくれました!
そして、走り回る長男くんを、見守り、サポートし、
ちょいと疲れてきたらお菓子を差し出し、
本当に本当に、お父さんがいなかったら撮影できなかったかもしれません。
ありがとう、お父さん!

こんなことがあったね。
クリスマスの時期に思い出す一つの出来事になりましたね。
あっという間に過ぎてしまうわが子との時間。
忘れないように、今しか書けない言葉を綴る。

日日是母日「子どもは可愛くて大変。でも何よりも愛おしい」
https://www.okaasan.net/mjreport/62234/

てんやわんやが、楽しいんだよね♪

■お母さん大学 詳しくはコチラ
■メール版 詳しくはコチラ

お母さん業界新聞横浜版編集長
植地 宏美

Mail:ueji@okaasan.co.jp
Instagram @yokohama.okaasan
Facebook @okaasangyokaiyokohama

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

お母さん業界新聞横浜版編集長(2019.10〜)。 型にはまらない長女、調和を大切にする長男、何事も遊びにする次男、3人の子を持つシングルマザーです。一番自由脳なのは、私です…。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。