「宿題やったの⁉」と子どもに毎日言っているお母さんへ

 

自分のことを棚に上げて、
子どもに「宿題やりなさい!」なんて言ってるお母さん!

今年からは、お母さん自身も、
きちんと「宿題」を提出するようにしてください。

2月号の宿題「お母さんの味(わが家の味)」の提出率が芳しくありません。
未提出の方は、なる早で提出してください!

皆さんの投稿を心待ちにしております。

—————————

2月号の「MJ30コーナー」では
ズバリ「お母さんの味(わが家の味)」について投稿してください。

ふるさとの美味しいものもよいのですが、
今回は、売っているものではなく、「手料理」に限ることにします。

餃子でも肉じゃがでも、たこウインナーでもよし。
「お母さん」を感じる懐かしの一品をおしえてください。

字数に限りがあるので完全レシピは無理ですが、
ざっくりとこんな料理、こんな味、
どんなときに食べていた、つくっていた、
ここがポイント、ここがわが家流という点、
エピソードや思い出を発信してください。

★お母さん(またはお父さん、おばあちゃんなど)がつくってくれた
自分にとっての思い出の味(料理)に限ります。
(結果として、自分が子どもにつくっている料理なのかもしれませんが…)

MJ30なので、回答の字数は70字以上。
編集(適宜圧縮)させていただきますので、長さは気にせず書いてください。

※複数回答歓迎。
※本名発信が原則です。
※締切は、118日(木)必着。20日まで延長しますが、即答歓迎!

※提出は、お母さん大学サイトのフッターにある
お母さん大学生限定掲示板「母の湯>宿題コミュ」【1802宿題MJ30
http://www.okaasan.net/commu/homework/ へのコメント(返信投稿)か、メールでinfo@30ans.com へ。

直メールの場合は(1)本名/(2)ケータイ(日中連絡がとれる番号、アドレス)を記し、
タイトルは「お母さんの味/名前」でお願いします。

では、どうぞよろしくお願いします!

お母さん大学 info@30ans.com TEL045-444-4030

ABOUTこの記事をかいた人

編集部 青柳 真美

お母さん大学事務局兼お母さん業界新聞本部編集部。お母さん業界新聞編集チーフ。一般社団法人みそまる普及委員会代表。みそソムリエ。宅地建物取引士。仕事は、お母さんを笑顔にすることと、味噌を伝えること。具体的には、編集・企画・営業・イベント…。家族と仕事以外に、私の人生に欠かせないもの…車/映画/本/旅/食後のコーヒー。息子1人(28歳)。