運動会に見学に行きました。〜きらきらマミー版vol.40より〜

お母さん業界新聞〜きらきらマミー版vol.40〜

【運動会に見学に行きました。】

学校に行ってない1号ちん。

そんな1号ちんにも、運動会の季節がやってきました。

私はPTAの役員をしているので

早朝から仕事があったので、7時には家を出ました。

そのあと、1号ちんのいる家に一旦帰宅して

運動会に行くか行かないかを聞くと

「行く!」と言ったので

作っていたお弁当を持って、

2号ちんと1号ちんと3人で小学校へ向かいました。

夫さんは、1号ちんが競技には出ないので、自宅でお留守番(笑)

運動場に到着すると、

クラスの皆がいる場所には行きたくない様子で

皆が座っている場所の後ろの方でシートを敷いて

3人で座ったまま見学。

競技が行われている所はほとんど見えなかったけど

行き交う同級生に声をかけられたり

仲良しのお友達が遊びに来てくれたりしてめっちゃ楽しそう。

多分、色んな要因が絡まり合って「行かない。」

っていう選択を彼女はしたんだろうけど

そうやって友人た楽しそうに話しているのを見ると

どっかで安心する、親として心配な自分もいるんだなぁ。

と実感しました。

一方、嫌なことを言ってくるからイヤだ。

と言っていた男の子も、私の顔を見るなり「1号は?」

と聞いてきて、探し回ってるのを見たら

彼にとっては、もしかしたら、愛情表現というか

構って欲しい。という想いが、もしかしたら心の奥に

あったのかもなぁ。なんて考えてみたり。

それが彼女にとってはストレスになってしまっただけなのかも?

と思ったり。

本当、一概に「イヤなことされる。」という事象だけを

取ってしまえないのだなぁ。と思いました。

あ、でもね「イヤなことはイヤ。」って言ってもいい。

ここだけは大事に1号ちんには伝えたいな。

ABOUTこの記事をかいた人

お母さん業界新聞ちっご版 親子写真担当。 9歳と4歳の娘と 夫と私で、実母と同居中。 ホリスティカルハーブテントで お母さん達の、ゆるゆるライフを実現しようと思ってます。 いい加減が良い加減。