「母さん」記念日

今日は、長男の小学校行事。持久走大会だった。

日頃の息子の頑張りを知っているだけに、見に行きたかったけど、

どうしても仕事を休めず、応援に行くことはできなかった。

でも、応援に行っていた友達から昼にメールが入っていた。

「あっくん、めっちゃ頑張っとったよ!ホント、速いわー!!」って。

 

そして、午後からクラス懇談会があったため、仕事が終わって小学校に駆け付けた。

すると、学校の中庭で友達と座っている息子を発見!

「あっくん、頑張ったねー!!」と近寄り、声をかけると・・・

「うるさい!!」と一言、小声で言い放ち、去って行った。

 

 

は~~~????

 

なんで??褒めたのに?一緒に喜び合いたかったのに??

なんだ、なんだ?その言い方は?その態度は?

私には、「?」マークが浮かんでいた。

 

 

そして、帰宅してからのこと。

日中の態度とは打って変わって、持久走大会のことについて、あれやこれやと話してくれる長男。

ベストタイムだったこと。

3位だったこと。

いつも練習のときに争う上位メンバーの友達と

抜きつ抜かれつのデッドヒートで、最後に抜かれたこと。

緊張しすぎたこと。

 

息子の頑張りは、痛いほどよくわかった。

そして、中庭で会ったとき、なんであんなに素っ気ない態度だったのかを聞いてみた。

すると。。。

「だって、かあかが『あっくん』って呼んだもん。」

友達のいる前で、友達のお母さんがいる前で、

「あっくん」って呼ばれたのが、とても恥ずかしかったのが理由らしい。

この持久走大会も、恥ずかしいから見に来んでほしいと懇願されていた。

もう、そんなお年頃なのか。

 

そして、

「これからは、『あさひ』って呼び捨てして。

もう、あっくんって家でも呼ばんで。

俺は、『母さん』って今日から呼ぶ!!」

 

と、宣言されたのであった。

 

とは言っても、息子が産まれてこのかた10年。

 

「あっくん」って呼び続けたのに、すぐに「あさひ」とは呼びにくい。

1回でもうっかり「あっくん」と呼ぼうものなら、耳を塞ぐ始末。

息子も、今まで私のことを「かあか」と呼んでいたのに、

いきなり「かあさん」に呼び変えようとするものだから、

「かあー!か、か、かあさん!」などと、言い直す(笑)

何だか面白いが、息子から「母さん」と呼ばれることが新鮮で、

ドキドキして、嬉しいやら、くすぐったいやら、寂しいやら。

 

あ~。もう「かあか」って呼んでくれなくなるのかな~と思ったら、

確実に大人の階段を上っている息子の成長ぶりに、やっぱり寂しくなる母心でした。

今日は、嬉し寂し・・・「かあさん」記念日。

 

*写真は、息子が1歳の時。(7年前)母親になりたての私。

この時の幸せを忘れないようにと、久々に載せてみます。

 

 

3 件のコメント

  • そうか、かあかと呼んでもらえないのか。

    卒母へ向かっているね。

    それにしても、かわいいね。息子さん。

    いっぱい背伸びして。

    男の子って、本当にかわいい。

    きっと、夢の中で、かあかと叫んでいるね。

    写真、素敵です。

    • 藤本さん。コメント嬉しいです♪

      そして、「いっぱい背伸びして、かわいい息子」には思えていなかったので、
      新しい視点を頂いて、「そっかー!!」と目から鱗のようでした☆

      悪態つく毎日の「うざい」「うるさい」「おまえ」などの言葉にうんざりの日々でした。
      でも、息子が脱皮しようと、次のステージに上がろうとしているがための、
      本人なりの葛藤の表れなのかもしれませんね。

      そんな言葉に傷つきながら、でも母は、何と言われても、ウザがられても、母を辞めることはできないし、
      「あっくんを愛し続けてるからね」と開き直って、伝えています。

      私も、卒母に向かっているのですね。

      この写真のように、「よしよし」「可愛い可愛い」だけでよかった時期って、
      本当にあっという間なんだと、今更ながらに思っています。

  • 呼び方はお互いに直すのが照れくさいのは私にも経験があります。
    母は私に「おかあちゃん」と呼ばせていましたが、これってそのころ九州では聞かれなかったんです。
    わたしだけがそんな風に言うのだと気がついたのは小学生になってから。
    必死になって「おかあさん」に変えたのですけど、響きってすごいなと思いますよね。
    ちゃん、さんの少しの違いなのに前者は甘ったれのように聞こえるんですから。
    自分の経験から、私は子どもたちのことを小学生になった時に呼び捨てに変えました。
    そんな息子は大人になって、人前では「かあさん」と言っているようです。
    日本語の不思議な感覚を感じさせられる瞬間ですよね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    近藤美和子

    岡山県出身。大学は島根。就職は山口。結婚して愛媛へ。 2015年春に、愛媛から福岡に転居し、お母さん大学に出逢いました。 現在、小6と小3のわんぱく息子2人のお母さんをさせてもらっています。3年前から、わたし版【筑前町ゆりかご版】を書いています。 また、音楽療法士として、障がいのある子どもたちと関わる仕事をしています。 「お母さん」であることを、悩みもがきながらも、全身全力で楽しみたいと思っています! 好きなことは、自然・音楽・読書・ひとり旅・食べること・歌うこと・人と交わること・高校野球です♪