「あなたのことがだいすき」

ぽっかりと時間が空いたのでずっと行きたかった本屋さんへ。

こんな雨の日にあたたかくなる絵本と

手元に置いてイライラした時に読みたい本。

.

人生晴れの日ばかりじゃなくて、もちろん雨の日だってある。

だからこそ、雨が上がれば虹が出る。

「あなたのことがだいすき」はえがらしさんがどうしても描きたかったようです。

線にも色合いにも、気持ちがたくさんたくさんこもっています。

「お母さん」は思っていたよりもずっとずっとシンドイ。

それでも「お母さん」を後悔したくない。

だからこそ、時々こうして立ち止まってお母さんのココロを感じる。

何も出来なくても良いじゃん。

ガミガミ言っても良いじゃん。

それでも、お母さんはあなたのことが大好き。

どうすればみんな気が付ける?

(福岡ひなたぼっこ版/ちはらみさ)

4 件のコメント

  • はんちゃん、本のご紹介ありがとうー!!
    絶対買って読んでみる!
    音楽遊びの講座するときにも使えそう♪

    ホント、母心も雨が降ったり、快晴だったり、大嵐だったり・・・・
    色々あって、それ全部含めて「お母さん」だもんね。
    でも、そう思えるようになったのは、やっぱりお母さん大学の影響だな~。
    みんなのおかげだな~。
    そして、後を絶たない虐待のニュースを見聞きするたび、
    お母さんがこどもに「大好き」と言えるためには、
    お母さん自身が、周りの人からのたくさんの愛溢れる「あなたが大好き」「あなたで大丈夫」を
    たくさん受け取ってることが必要だな~と思うのです。。。

    • 美和子さん、とりあえず読んでみて!
      いつも私たちが言ってるようなこと、彩さんが書いていた記事と本当に似ていると思ったよ。
      私もこうして色んなカタチの、色んなキモチの「お母さん」と向き合えるようになったのは
      やっぱりお母さん大学に出会って、色んなお母さんと出会ったから。
      美和子さんの最後の
      >お母さんがこどもに「大好き」と言えるためには、
      お母さん自身が、周りの人からのたくさんの愛溢れる「あなたが大好き」「あなたで大丈夫」を
      たくさん受け取ってることが必要だな~と思うのです。。。
      これに尽きる気がする・・・。
      お母さんがもっと「あなたがだいすき」と言ってもらえるように
      「あなたはそのままで良いよ」と言ってもらえるように・・・。

  • 「あなたのことがだいすき」
    昨日お借りして読んでみて、
    お母さんになったばかりの頃の自分と重なって、
    涙が自然とぼろぼろ出てきました。。。
    これからもお母さんとして生きていく自分のお守りに、
    買って手元に置いておきたいと思います。
    シンドイ最中のお母さんたちにも届けたいなぁ。

    • ゆっこちゃん、私は何かの集まりの時には
      読み聞かせしていこうと思ってるよー。
      えがしらさんは読み聞かせの時に泣いてしまう、と書かれていたけど
      きっとお母さんの気持ちでいっぱいになっちゃうのかな。
      長く読んでいきたい大人の絵本だね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    広島生まれ、広島育ち。思春期に突入した長男(13歳)と、気が強い次男(9歳)2人のお母さん。福岡市わたし版ひなたぼっこ版編集長。NPO法人Hand&Foot正会員。自分のこと、日々のこと、子どもたちのこと、左手全指欠損の次男のことなどを書いています。