戻れない今

今日は、お母さん業界新聞公開web会議。
はじめて県内にいる、地域版編集長以外のお母さん大学生に会えた!

1歳を過ぎたお子さんと一緒に参加してくれた彼女の
今の子育ての話を聞いていたら、自然と

「いいな~」

という言葉が、自分の口から出て来た。

自分が彼女と同じ、1歳の我が子の子育てをしていたときは
とにかく必死で、毎日バタバタで、それなりに楽しかったけど、
心のどこかで「いつまでコレが続くんだ?」と思ったり、
「早く大きくなればいいのに」と願ったり。

あの頃も充分、子どもの可愛さや、子どものスゴさを
身近で感じていたけど、
もっともっと感じられたんじゃないか?って、
今になって思う。

そんなとき、編集部の青柳さんが言った言葉。

「どう戻りたくても、
戻れないんだよね~、あの頃には」

なんだか、ジ~ンと心に沁みる。

1日何度も「ママ~」って呼ばれたあのころ
ぐずって泣いて手がつけられなくて、途方にくれてたあのころ
「ママ大好き」ってギュっとハグしてくれたあのころ

記憶の中の思い出として残っているけれど、
もう二度と戻らないんだなぁ…と改めて感じたら、
なんだか無償に淋しく思えて来た。

今では我が子はすっかり大きくなって、
ママと呼ばれるのも一日数回。
文句を言われることはあっても、途方にくれることもない
「大好き」なんて、通じ合ってはいるけど言ってもくれない。

でも、まだそばにいる。

戻れない「今」を、今日もまだ過ごしているんだなぁ…と思ったら
何気ない日常をもっと大事にしないとな~と改めて感じる。

先輩お母さんの言葉は、ほんと学びの瞬間。
私も後輩お母さんたちの、それになれたら嬉しいなと思う。

ABOUTこの記事をかいた人

中2娘、小6息子を持つ、フツーのお母さんです。 <お母さん大学>に入学したのは、息子を出産した頃。 しっかり子育てしなきゃ!の肩肘張った子育てを、180度変えてくれたのが<お母さん業界新聞>・<お母さん大学>でした。 2011年に静岡県に引っ越し、今は静岡版編集長をやらせて頂いています。 13紙の地域版編集長とともに、静岡県内にお母さん業界新聞とお母さんのココロを広めていきたいです。