泣くこと。

従姉妹たちが帰ったあと。

泣く。泣く。泣く。とにかく泣く。

「子どもがひとりじゃない方が良かった。」

「はるちゃんと一緒にお風呂入りたかった。」

みゆうちゃんの日常生活の中でふとしたときに思い出す1シーンの中で、

何かあるたびに泣く。。

泣き声がかなり久々だったので、やはりどこかイライラしてしまう、、母力だだ下がりのお盆期間。あぁ、こんだけ楽をさせてもらってたんやなぁと気付く。妹へ義弟へ、、甥っ子姪っ子へ。心からのありがとう。

そして気合いいれて、どうやったら娘が泣かないか考えてみる。

楽しい未来を一緒に想像してみる。かっこいいオモチャの車に乗ってヘアカットできる美容室に行こう!浴衣を着て近所のお祭りに行って花火を観よう!日曜はみんなでバーベキューや川遊びをするよー。

なんか一緒に呪文のように呟きながら、、

テレビを観る娘と一緒に、真剣にテレビを観てみる。抱っこしながら(笑)そして一緒に笑う。一緒に娘が楽しいことを共有してみる。

だんだんと笑顔が増えてくる娘。

ホッとする母。(笑)

さぁ母力だだ下がりの昨日までは終わり。娘と一緒にわたしも切り替えながら、いまからよいしょっと重い重い腰を上げないと。(笑)

母力あげるぞー!

あぁ。楽しかった。夏中盤戦終了!

 

ABOUTこの記事をかいた人

安藤裕子

直感派で自分に甘い(笑) 甘ちゃん母ちゃん歴は、やっと6歳!学生と子育ての両立中。 諦めないというのがわたしの生きるテーマでもある。だけど、つまずきながら泥んこになりながら。生き様を娘に見せれるように!(福岡県大牟田市)