お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

なぜか眠れない夜に、ふと考える

もうすぐ2歳だなぁ。

私、毎日この子と何してるかなぁ。

この子は毎日楽しいかなぁ。

 

今日は何したんだっけ?

あぁ、髪の毛とかすごっこか…

雨だったから、1日おうちあそびだったね。

なんか、こうやって毎日が過ぎていって

いいのかなぁ。

 

もっと、何か手帳に書き込むスケジュール的なこと

した方がいい?

もっと、今日を表す言葉はこれ!みたいな日に

した方がいい?

なんか素敵だけど、なんかそれには魅力を感じない。

 

いつかふと思った

「今日という日を、健やかに過ごせたら、

ひとまず私の子育てはうまくいっている」

 

どんどん大きくなる君と、

なんでもない1日を過ごせていることが

とんでもなく幸せな日々だということを

20年後の私もきっと思うだろう。

 

なんでもない毎日が、

君とお母さんの日常であることを

今なんだか、とても大切に思っています。

10件のコメント

読んでいて、幸せな気持ちになりました。
私も子どもが2歳くらいの頃、周りが仕事復帰したり、
毎日スケジュールびっちりで「今日は○○に行こう」なんて言うのを聞くと、焦りました。
この子は私と二人きりで幸せなのか。
保育園とかで、同じくらいの子と過ごしたほうがいいのでは。

でもこうやって、くっついていられるのって本当に少しの間なんですよね。
もちろんイヤイヤ期にウンザリしたり、「もう一人にしてよ!」なんて思う日もあったけれど。

どうか娘さんと、ゆったり幸せに過ごしてくださいね。

多田さん、すごく分かります。同じようなこと、私も思っています。
もし、娘ペラペラとおしゃべりできたら
「お母さんと一緒にいるのもいいけど、ホントは他の子とも遊びたいんだよね」
とか言われたらもう立ち直れませんが、
でもきっと、お母さんとの毎日がこの子の日常で
それを無理に脚色せんでいい!と、自分に釘を刺しました。
でも、毎日心は揺らぎます(^_^;)

じーん。
胸の奥の方が、あったかくなりました。

わたしもよく思います。
2歳の娘、同じような毎日で楽しいのかな?とか
もっと公園連れて行ったり、図書館行ったりしなきゃいけないかな?とか。

でも、いいんですね、これで。
ありがとう。

神澤さんにジーンとしてもらえて、私もジーン。
ありがとうございます。
そうなんです、よーし今日は大きい公園行こう!と、
たまの晴れ間に行ってみるのですが、疲れちゃったり(^_^;)
それならお母さんと家で広告ビリビリしてても楽しかったか…みたいな(笑)
そのままでいいんだと、私も私に語りかけることにします。

外に出歩く、連れ出すことが目立つ時代の母の悩みだなと思いました。
時代の雰囲気の中で揺れる母ゴコロ。
母の思いとは別に幼い子はそんなことなど知る由もありません。
家でゆっくり過ごすことを決めたらその子にとってはそれが自然なこと。
外へ出かけると落ち着きません。それは刺激が強すぎるから。
私は刺激は徐々に加えていくのが大事ではないかという考え方だから。

私もみっこさんと同じく、まさに刺激は徐々に派なんだと思いました。
周りの流れを否定するわけではありませんが、本当に色んなスタートが早いんだなぁと
感じていて、友だちがやっていると素敵に見えるけど、
私には当てはまらないかなぁと(^_^;)
時代に逆行するのは全然平気なタイプなので、きっとこのまま
「あら?お宅はまだなの?」と、言われるんだと思います(笑)
でも、みっこさんの言葉を聞いて
やっぱりこれでいい。と思えました。ありがとうございます。

吉村さん、こんにちわ。
とっても暖かい記事だなぁと思って思わすコメントしちゃいました。
私も、こんな毎日同じことの繰り返しで本当に良いのかな?楽しんでくれてるのかな?と思うことが最近よくあります。
でも、何でもない日々が幸せって、とっても素敵なことですよね。そしてその幸せな日々は長い人生の中でほんの一瞬なんですよね。
そのことを思い出させてくれて、ありがとう。

藤川さん、コメントありがとうございます。
いつも藤川さんの投稿に和んでいる吉村です。
同じくです。母という自分がそこにいることが、この子にとってどれだけのものか、
やっぱり自分のことだから、あんまり良くは思えないんですよね。

でも今日も元気だし、夜もぐっすり眠ってくれて。それでいいですよね。
本当にほんの一瞬の毎日、お互いに大切にしましょう(*^^*)

>なんでもない毎日が、

君とお母さんの日常であることを

今なんだか、とても大切に思っています。

こう思えるお母さんが眩しくて、羨ましくて、私には無理だ…と何度も思ってます。たった3年ほどがこんなに苦しいとは…。
歳をとると正社員採用されないよな、とか早期教育しなきゃ置いてかれるよな、とか隙間時間を無駄にしちゃいけない!と気持ちだけ焦るけど、子供は抱っこ〜だもんな…いやいや抱っこしてる暇ないねん、お父さんのご飯作らなあかんのって結局してることは進歩無い日常のことだったりして。
でも吉村さんも揺れるんですね。なんだかほっとしました。ちゃんと毎日元気だなって温かい目でみてあげれてる吉村さん、素敵なお母さんです^_^

私もつい、早くに何か始めようかと思ったり、単調に不安を覚えるのですが、
娘がぐっすり寝ている姿に、子どもの平和な時間を見た気がして。
分かります、時々「もう2年も経つけど⁉️」って思えてしまいます…。
私も「お母さんやること山ほどある~!」って言ってしまったり(^_^;)
でも、その間のヒマそうな子どもが、かわいそうか…なんて思うと、案外遊べていたり。
揺れることって、きっと大事ですよね。
お褒めいただいて、元気が出ました(*ToT)

コメントを残す