お母さん大学は、“孤育て”をなくし、お母さんの笑顔をつなげています

胎内記憶のこと

備忘録

みゆう5歳6ヶ月

〜胎内記憶〜

いままで、胎内記憶に関しての娘へのうまい聞き方がわからなかった。

先日やっと本を読み、やっと聞き方がわかった。

5歳という年齢がどうかな?とは思いながら。

だけどやっぱりわたしは娘のそのまんまを全身全霊をかけて信じたい。

以下、みゆうちゃんの文言そのまんま。

空の中からママのおなかに入ってきた。

空の上で、ママを選んだよ。ママを守りたいから。ママはひとりぼっちだったから。

おなかの中ではずーっとブロックあそびをしてた。

みゆうちゃんがおなかにいるとき、ママは女の子がいいーかわいい女の子がいいなー!って言いよったよ。パパは生まれますようにー!って言いよった!

みゆうちゃんは10年前にママを選んだよ。

いや?1年前かな?いや5年前かな?(笑)

ママが優しそうだし、ママを選んだよ。

ママのおなかの中をのぞいたら、みゆうちゃんを成長させるママみたいだったから、ここに来た。

お空の上では、みゆうちゃんはシマシマの服を着てた。ほかのみんなは、水玉。

神様にね、女の子になりたいってお願いしたよ。

 

2件のコメント

うわ~、わが子の胎内記憶を聞かせてもらえるなんて、本当に幸せね。
その言葉だけで、生きていけますね。

みゆうちゃん、望み通りのママに出会えて、望み通りのかわいい女の子になれましたね。

良かったね。

藤本さん⭐️
はい!本当しあわせです。
みゆうちゃんは女の子になりたいって神さまにお願いして女の子になれ、
今からも女の子を満喫した人生を歩むんやろなぁと思います(笑)

コメントを残す