我が家の真ん中っ子。

三兄弟の真ん中、次女はーちゃん。3歳。

とにかくおしゃべり大好き。起きたら寝るまでひたすら喋り続ける。

ひょうきん者、我が家のムードメーカー。

甘え上手、愛されキャラで、人懐っこいので、どこにいっても可愛がられる。

成長曲線ギリギリで身体は小さいけど、意外となんでもスムーズにできるので手がかからない‥

最近は、ねぇねと幼稚園に14時まで行き、16時まで公園で遊び、ご飯、お風呂とバタバタと済ませて、18時には力尽きて寝る。

そして、朝6時ピッタリ起床。みんなを起こしてくれる目覚まし係役まで勤めてくれる。

 

っとまぁ、そんな次女ですが、生まれるまでは大変でした。

 

妊娠7ヶ月あたりから、低置胎盤と診断され、胎盤の位置を確認する為に、週2回産婦人科に通った。

その為に、イヤイヤ期真っ只中の、長女2歳を連れて、、待ち時間が長かったー。

混んでる時は看護師さんもみてる余裕がないので、大きいお腹に2歳児を抱えて、診察台にのって、足をひろげるっていう。。

早くしてくれーというあの苦しさ、天井を見上げるあの光景忘れない。笑

なんとか、通い続け、最後には経膣分娩(自然分娩)でいけそうだねーってなんて言われてホッとしたのは束の間。

夜中、自宅で大出血。

今までみてもらってた個人病院では対応できないと、救急車で行ったこともない総合病院に運ばれた。

救急車に乗ってる中、外は大雨でカミナリが鳴ってた。

胎動ある?と先生に聞かれても、パニックで、「もう分かりません分かりません!」としか答えられず。

結局赤ちゃんは無事で、まだ早産だったので、そのまま入院して安静管理。

長女とはお別れの挨拶もできないまま、そのまま3週間離れ離れになった。

入院中、何度も出血して、その度にこのまま帝王切開になるか?!とヒヤヒヤ。

出血繰り返すものだから、貧血でフラフラ。

結局、1日早産で緊急帝王切開で生まれた。

2520グラム、ちょっと小さいけど、心配してた呼吸も安定していた。

保育器にも入らず、すぐに同室になれた。

帝王切開の傷が痛すぎて、またその母子同室が地獄だったけど。

っとまぁ、色々大変だったはーちゃんの出産。

 

最初にも書いたように、生まれてからは本当に手がかからなくて、生まれる前に大変だったからかなぁなんて勝手に納得してた。

そんな話をママ友としていたら、「でも真ん中っ子て、親が目がいかない分、ドカンとグレるってきくよー!気をつけなー!」と。

確かに、、私のお姉ちゃん(次女)も若干グレた。大人になった今でもひねくれてる。笑

確かに何でもできるし大丈夫だなーと安心してしまう。

どこかで無理してるのかも?頑張ろうとしてるのかも?

私がはーちゃんに甘えないで、意識していこうと思った日。

記録に残しておこうと思った。

お母さん先輩方、なにかアドバイスあればお願いしますm(__)m

 

6 件のコメント

  • 確かに、小さい時手のかからなかったうちの娘は、思春期が結構きつかったかもです。

    でも、門脇さんは、今、手のかからない子だと感じてて、お母さんに自覚があるので、
    手のかからない分、余裕のある時に心をかけてあげれば大丈夫じゃないかなあと思います。

    私みたいに、手のかからない子に甘え続けて放っておいたら、後ほど来るかもですが。。。

  • はーちゃん、生まれるまで大変だったんだねぇ。
    私は2人だけど同じように上より下の子の方が楽させてもらってるなぁ、、私も目を向けてあげようと思った!
    でも手がかからないはーちゃん感謝だね。ここでお母さんにフォーカスしてもらったはーちゃんは幸せ者!グレたらこの記事のURLを私がそっと渡そうか…!

  • 真ん中の子は・・・光を当ててもらってよかったです。
    お母さん大学の記事にするために、あえて焦点を当て書きながら自分の思いを整理し
    最後に大学生仲間に問いかけるのですから。
    高木さんと同じく、手のかからない真ん中の子に感謝しながらも目を離さないという意識こそ
    一番大事なことだと思います。
    自分のことをちゃんと意識してくれているということが、子どもには伝わりますからね。
    真ん中の子はサンドイッチ状態の中だからこそ、世渡り上手を身に着けたり、もまれる経験や逃げる経験など
    案外身に着けていく子どももいるはずですよ。
    そんな眺め方を楽しみながら見守ってくださいね。

  • 三人兄弟の真ん中って、どうしても自立心旺盛で親から早く自立する様ですね。
    それはそれで兄弟の運命かも。 素直に自立すると良いですね。
    見落としがあると、危険信号を出すはずです。見逃さなければ大丈夫。
    団子三兄弟仲良ければ大丈夫。

    出産の苦しみはそれぞれで生まれてくる子は皆、生命力を持って生まれ育ちます。
    育ちも色々だけど、優しさが有れば言うことなしでは?
    色んな苦しみを経験し、思いやりも子どもから教えられて 親になるのですね。
    皆んな一緒に成長しましょう。

  • グレる覚悟ができているひろちゃんの子なら、大丈夫そうだけどね(^-^)

    私も現役時代、手のかからない子こそ気にかけていようがモットーだったなぁ。
    一番心配だったのはサインが出せない子。
    環境や何気ない大人の一言が、まだまだ範囲の狭い子どもの世界には影響大だものね。
    つい甘えたくなる自分にも気付けているんだね。スゴい!!

    お産も本当に大変だったのね…(;_;)
    お姉ちゃんも急なことで寂しかったね。

    はーちゃんの屈託のない明るさと、おしゃべりが止められなくて口が滑っちゃう感じ、
    どれもが私を笑わせてくれます(*^_^*)

  • はーちゃんかわいい!!3人姉弟になるってわかっててのその産前だったのかも!?赤ちゃんは神秘的だわ!
    しかし、スゴイ産前産後の経験やね!救急車とかスゴイよ!ホント出産はみんな違うね!

    真ん中は自分の中でも上と下が居るから出来て当たり前って、考えをしっかり持ってるみたいよ!そして、堂々と褒められるのが嬉しいんだけど、照れくさいからお母さんと一瞬2人きりになった時にこっそり「いつも助かってるよ!ありがとう!!」って言われるほうがすっごく嬉しいみたい。
    1度試してみて!次男で試したところいつもとは違う満面の笑顔だったのを覚えてる。

    記録に残すってホント大切やね!

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    脇門比呂子

    横須賀在住6年目になります。 長女五才、次女三才、長男もうすぐ1才、3人のお母さんやってます! まさか自分が3人の母になるとは?!大好きな仕事を辞めて今は母業に専念中。 どーせやるなら、毎日どっぷり母業楽しみたい!!と思うのですが、実際はそう思うようにはいかず、、悩みも多々、さっかくなので嬉しいことも悲しいことも、悩んだことも記録に残したいと思い、入学しました^_^