がんばれ冷凍庫

夫と2人だった頃、

冷凍庫にはアイスばかりが入っていた。

 

今は、

ちょっと手を加えれば1品になるおかずと、

凍った食品で溢れている。

 

手作りにこだわっていた頃もあったけど、

最近は、お腹ぺこぺこで帰ってくる夫と、

食べることがちょっと面白くなってきた娘の腹が満たされれば良い…

に、なってきた。

 

娘がお昼寝している間に、冷凍庫と相談。

パリパリに凍った野菜と、

カチコチになったお肉やお魚。

今日は何にしようかな~。

と、必ずと言っていいほどつぶやいている。

思えば、私の母も毎日こうしてつぶやいていた。

 

 

これまた夫と2人だった頃は

えーい、今日は金曜日!立ち飲み屋に行こう!

なんて、気軽にやってたもんだなぁと、

昔の私にため息。

 

 

そこに現れるフリーズした食品たち。

いつかの時のために、

保存バック片手に作り置きしておいた。

その時の私の心の余裕ごと、

冷凍庫でジッと時を止めている。

 

いつかの私への、

ごはんちょきん。

 

 

今日も助かったよ、いつかの私。

さぁ、今日もみんなで「いただきまーす」!

ABOUTこの記事をかいた人

吉村優

◇MJプロ ◇神奈川県横須賀市在住 ◇横須賀支部「みよむら」の“むら”の方 ◇1人娘(16.11生) ◇夫は10歳年上 ◇元 放課後児童支援員・現在は小学校で特別支援学級のサポート職 ◇『お母さんのことはお母さんに聞こう』が私にとってのお母さん大学のキャッチフレーズ