進化する”虫取り名人”。父も”ワクワクに還る”。

高知県の東端・室戸市へ遊びに出かけたのは先週・週末のこと。
車に、虫取りアミ(大・小)と虫かごを積んで。
”ジオパーク”と呼ばれる海沿い一帯を散策していました。

潮だまりでは魚を。
バッタ、テントウ虫、トンボ、チョウチョ、カニ、ヤドカリ、最後にはトカゲまで捕まえました。

父との共同作業でしたが、
トカゲなんてスバシッコイ生き物をよく捕まえたと感心。

蛍を見に行ったのも先週です。いつもの如く、虫取りアミとかごを車に乗せました。

良かった!いつもの場所に、今年も蛍は飛んでいました。
「捕まえたーい!」と娘。
よし、じゃあ蛍を傷つけないように捕まえよう。

父が見本を見せて、1匹捕まえました。
以降4匹、娘がアミを上手に扱って捕まえました。

昨日土曜日の夕方は、娘と二人で散歩に出かけました。
バケツと虫取りかごをぶら下げた娘。
「アミ、忘れた!」
急いで家に戻ります。
歩き始めて間もなくのこと。チョウチョが飛んでいます。

虫取りアミをふわっとチョウチョの上にかぶせて、平らな面に押し付けて。

父が見せた蛍の捕まえ方をしっかり取得していたんだね。

アミの先端を袋みたいにして、片手で虫かごのフタを開いてチョウチョをサッと入れました。

虫かごへの移動まで、何秒で済ませたのだろう。

その手際の良さにすっかり感心してしまった私(その瞬間を、写真に収める時間すらなかったのです)。

蛙1匹、おたまじゃくしを数匹捕まえて帰ります。
夜、数日飼育した蛍を、きれいだと思われる近くの川に放ちました。

蛍がいた虫かごには、代わりに蛙が入りました。

そんなこんなで、家族全員、生き物との触れ合いが続く初夏です。
蛍の世話をしたり、おたまじゃくしの飼育の仕方を調べたり…
父が、けっこう楽しそうなのを見て、私は微笑んでいます。

娘と遊ぶ時以外は、スマホでゲームに夢中になっていることが多かった父ですが、
ここ最近は、娘が連れてきた生き物のお世話に心を向けている様子。
水を替えたり、けっこう忙しいのです。

童心に帰る。子どもの頃の、ワクワクに還る。

いいんじゃないの。

(上写真:”むろと廃校水族館”にて)

ABOUTこの記事をかいた人

白川奈保

埼玉出身、2013年~香川へ。 日常は、介護、医療、福祉に関するフリーの物書きとオーガニックなお店の店員。 好きなもの:沖縄、南米、高校野球、音楽いろいろ。 FBでは向田奈保で検索を(^^) 物書きの仕事では、こちらの名前で書いています。 facebookでは「向田奈保」です。(仕事では旧姓使用のため)