破れた水泳パンツ

夏休み。

今日、小学5年の息子は、学校の水泳教室に行きました。

実は5年目にして初めて参加するので、泳げない子チームだし、あまり乗り気ではなかったのですが、友達もいたようで、なんとか行きました。

さて、そろそろ私も家を出ようかと思った矢先、学校から電話がかかってきました。

「実は、お子さんの水着が破れてしまって、お尻が見えてしまうので、今日は水泳教室継続できません。このまま帰らせていいですか?明日、他の水着はありますか?」

私は、息子がどんな様子か気になりました(恥ずかしい思いをしたのか?久しぶりのお天気でプール日和なのに残念がっていないか?)が、

「帰らせてもらうのは問題有りませんが、今、新しい水着を届けたら、水泳できますか?」

と聞き返していました。

ちょうど家を出るところだったので、持って行ってあげることにしました。

ニヤニヤした息子。プールに入れることが嬉しかったようで、そのまま水着を渡して私は出かけました。

夕方帰宅すると、普段からおしゃべりな息子が堰を切ったように、いつも以上に前のめりで話をしてくれました。

今日、泳げるようになったと、何度も何度も教えてくれました。

(夏休み前の授業で、記録3mと言われていました。そんなの、足でプールの底を蹴っただけです…。)

息継ぎはまだヘタクソだけど、あんなに長く泳げて、水泳って楽しい!そう話してくれました。

そして、テレビを見てはCMが挟まるたびに、

「ママ、今日水着ありがとう!」と。何度も。

本当に嬉しかったのでしょう。

私が面倒がって、水着を持って行かなかったら。

あと数分早く家を出てしまっていたら。

ああ、よかった。

水泳パンツが破れたおかげで、もしかしたら先生が不憫に思って、いつもより熱心に教えてくれたのかもしれない。

水泳パンツが破れなかったら、その他大勢のみんなとの練習のままで、まだまだ泳げなかったかもしれない。そして一生そのままだったかもしれない。

そう思うと、パンツが破れたことが、ものすごくありがたく思えてくるのでした。

‼️

ABOUTこの記事をかいた人

植地宏美

2019.10月創刊、横浜版編集長。新米だからこそ怖いものなし! 3人の子育て中、シングルマザーです。 楽しいこと、好きなこと、なんでもやってみないと! 子どもたちにもそうあって欲しいと願う、毎日。